ホーム > 暮らしのガイド > 防災・防犯・安全 > 交通安全 > 愛知県内に交通死亡事故多発警報発令

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

愛知県内に交通死亡事故多発警報発令

愛知県では、交通事故の抑止及び交通事故死者数全国ワースト1の返上に向けて、全県挙げて各種交通安全施策を推進しているところでありますが、依然として交通死亡事故が多発しており、昨日現在の交通事故による死者数は129人(前年同期比+1、全国ワースト1)となり、憂慮すべき事態となっています。

8月25日(金曜日)から9月3日(日曜日)までの10日間の交通事故死者数が10人となり、特に厳しい事故情勢にあります。

こうした状況を広く県民に訴え、交通ルールの遵守とマナーの向上、そして安全行動の実践を促して交通事故の抑止を図るため、愛知県交通死亡事故多発警報等発令要綱に基づき、ここに「交通死亡事故多発警報」を発令します。

県民の皆様におかれましては、交通安全を自らの問題としてとらえていただき、悲惨な交通事故を起こさないよう、また、交通事故に遭わないよう、お願いいたします。

 

≪警報発令期間≫

平成29年9月4日(月曜日)から13日(水曜日)までの10日間

≪発令日≫

平成29年9月4日

≪発令者≫

愛知県知事

発令文

交通死亡事故多発警報/愛知県(外部リンク)

交通事故防止のために

交通事故に遭わない、起こさないために、交通ルールを守りましょう。

  • いつもどおり運転していても周囲の状況は刻々と変化しています。前後左右をよく確認して運転してください。
  • 信号と制限速度は必ず守りましょう
  • 交差点での事故が多発しています。交差点を通過する際には最新の注意を払いましょう。
  • 飲酒運転は犯罪です!絶対にやめましょう。
  • 全ての座席においてシートベルト、チャイルドシートの着用を徹底しましょう。
  • 自転車も車両の一つです。一時停止標識のある場所では必ず一時停止し、左右の安全確認をしましょう。
  • 横断歩道手前では、急に歩行者が現れても安全に停止できるよう、常に注意してください。
  • 横断歩道では、歩行者優先、自転車横断帯は自転車優先です。
  • 運転時は前照灯を早めに点灯することや、徒歩・自転車で外出する際には、明る色の服装や反射材の着用に心がけてください。
  • 愛知県での交通事故死者数の半数以上が、高齢者です。高齢者は、加齢とともに筋力や視力、判断力などが低下し、道路を横断する際、十分間に合うと思って車の直前を渡りはじめることもあります。運転中に高齢者を見かけたら、速度を落とし安全な間隔を取るなど、高齢者を気づかった思いやりのある運転を心がけてください。

【高齢者の方へお願い】

  • 道路を横断する場合は、横断歩道を利用してください。
  • 青信号でも、道路を渡り終えるまでは油断せず、左右を確認しながら横断してください。
  • 高齢者事故の多くが自宅近く(周辺1キロ以内)で起こっています。慣れた道でも注意しましょう。
  • 夕暮れ、夜間、早朝は、明るい服装に反射材を着用してください。

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

市民生活部市民活動課交通防犯係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8128