ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 介護保険 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定及び要支援認定の臨時的な取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2022年6月15日

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定及び要支援認定の臨時的な取扱いについて

令和2年2月18日及び令和2年4月7日付厚生労働省からの通知に基づき、新型コロナウイルス感染症の影響で訪問調査が行えない場合に、要介護認定及び要支援認定の有効期間を延長することができます。

要介護認定及び要支援認定の有効期間の延長について

現在の介護度のまま、従来の認定有効期間に12ヵ月の期間を合算します。

対象者

次のいずれかに該当する方

  1. 入所(入院)先の施設(病院)等で面会禁止等の措置が取られており、認定調査の実施が困難である方
  2. 新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から、被保険者本人が人との対面に不安である等の理由により認定調査を受けることが困難な方

申請方法

下記「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間合算に係る申出書」を長寿課介護保険係へご提出ください。(郵送可)

提出書類

上記申出書に加え、次の書類を添付してください。

  • 介護保険被保険者証(原本)
  • (40歳から64歳の方のみ)加入している医療保険の被保険者証(写)

結果通知(被保険者証)について

介護度は従前のまま、認定有効期間を12ヵ月合算した「被保険者証等」を簡易書留で郵送します。発送日についてはお問い合わせください。

注意事項

  • 更新申請の方が対象となりますので、現在の有効期間内に申請手続きを必ず行ってください。
  • 新規申請・区分変更申請の方は上記の臨時的な取扱いの対象にはなりません。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部長寿課介護保険係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8144