ここから本文です。

更新日:2018年8月30日

手続きと届出

国民健康保険(国保)への加入・脱退の届出は14日以内にしましょう。国民健康保険税は、資格を得た月からかかります。届出が遅れると保険税を遡って納めなくてはならないばかりか、保険証がないためその間にかかった医療費は全額自己負担となります。届出に必要な証明書等が14日以内に発行されない場合は、事前にご相談ください。

子ども医療費受給者証障害者医療費受給者証母子家庭等医療費受給者証精神障害者医療費受給者証等をお持ちの方は、届出時に一緒にご持参ください。

国民健康保険へ加入するとき

国民健康保険には次の方を除くすべての方が加入しなければなりません。

  • 職場の健康保険証を交付されている方とその方の家族(被扶養者)
  • 後期高齢者医療保険証を交付されている方
  • 健康保険組合(市の国保ではない)の保険証を交付されている方
  • 生活保護を受けている方
届出の理由 届出に必要な物
転入したとき 印鑑
職場の健康保険をやめたとき

職場の健康保険をやめた証明書(健康保険の資格喪失証明書(PDF:39KB)、退職証明書、離職票、退職辞令など)、印鑑

職場の健康保険の被扶養者でなくなったとき
子どもが生まれたとき 国民健康保険証、母子健康手帳、印鑑
生活保護を受けなくなったとき 保護廃止決定通知書

共通事項

  • 世帯主及び対象者のマイナンバーがわかるものを提示してください。
  • 国民健康保険税の納付は、原則口座振替をお願いしております。銀行の口座番号がわかる物(キャッシュカード・通帳等)と銀行届出印をご持参ください。

事業主の方へ

業員の方が退職された場合、次に加入する健康保険が未定の場合は、市の国民健康保険に加入する必要がありますので、退職する方にその旨ご案内をお願いします。また、国民健康保険加入手続きには、職場の健康保険をやめた証明書が必要になりますので、スムーズな手続きを行うため、資格喪失証明書の発行にご協力ください。(雇用保険の離職票がある場合を除く)。

様式はこちら→資格喪失証明書(PDF:39KB)

国民健康保険をやめる(脱退する)とき

職場から健康保険証を交付されたときやその被扶養者となったとき、尾張旭市から転出するときなどは国保の脱退手続きが必要です。

職場では国保から脱退する手続きは行いません。手続きしないと健康保険の二重加入や医療費の返還請求などが発生することがありますので、必ずご自身で国保の脱退手続きを行ってください。

届出の理由 必要な物
転出するとき 印鑑、国民健康保険証(転出者全員分)
職場の健康保険に加入したとき

国民健康保険証

職場の健康保険に加入したことが分かるもの(職場の保険証、取得連絡票(PDF:39KB)

職場の健康保険の被扶養者になったとき
死亡したとき 国民健康保険証、死亡を証明するもの
生活保護を受けたとき 国民健康保険証、保護開始決定通知書

共通事項

  • 世帯主及び対象者のマイナンバーがわかるもの
  • 国民健康保険税の還付が発生する場合がありますので、世帯主のかたの銀行の口座番号がわかる物(通帳等)をご持参ください。

その他必要な届出

加入や脱退するときのほか、次のときには届出が必要です。

届出の理由 必要な物
市内で住所が変わったとき 国民健康保険証
世帯が別れたり、一緒になったとき
世帯主や氏名が変わったとき
修学のため、子どもがほかの市区町村に下宿する(住所を移す)とき 国民健康保険証、在学証明書
保険証を紛失したとき(汚れたり破損して使えなくなったとき) 本人であることが確認できるもの(使えなくなった保険証)

交通事故でけがをしたとき

国民健康保険証、印鑑、交通事故証明書など

共通事項

  • 世帯主及び対象者のマイナンバーがわかるもの
 

届け出に来られないときは

世帯主又は該当する本人が市役所開庁時に届け出に来られないときは、委任による届出も受け付けします。委任を受けて来られる方は、委任状と身分証明書(運転免許証など)をお持ちください。

委任状様式(PDF:136KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部保険医療課国保年金係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8151