ホーム > 暮らしのガイド > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 給付(高額療養費、高額介護合算療養費、療養費、葬祭費)

ここから本文です。

更新日:2017年8月1日

給付(高額療養費、高額介護合算療養費、療養費、葬祭費)

高額療養費について 

平成29年8月から高額療養費の上限額が変わりました。

医療機関窓口での自己負担が下記の表の自己限度額を超えた場合は、申請により高額療養費を支給します。支給の手続きが必要なかたには案内をお送りします。

負担区分 個人の限度額(外来のみ) 世帯の限度額(入院+外来)
現役並み所得者※1 57,600円 80,100円+
(医療費-267,000円)×1%※4
一般

14,000円

(年間上限144,000円)

57,600円※4
区分II※2 8,000円 24,600円
区分I※3 8,000円 15,000円


※1:一部負担金の割合が3割のかた
※2:一部負担金の割合が1割のかたのうち、住民税非課税世帯のかた
※3:一部負担金の割合が1割のかたのうち、住民税非課税世帯のかた、かつ世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(それ以外の収入がない)のかた
※4:過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目以降から世帯の限度額が44,400円になります。

高額医療・高額介護合算制度について

後期高齢者医療と介護保険の給付を受けた場合、1年間に支払った自己負担限度額(負担区分ごとに設定されます)を超えた部分を支給します。

支給の手続きが必要なかたには案内をお送りします。

療養費について

以下のような場合に、医療費の全額を支払ったときは、広域連合で認められた部分について、支払った費用の一部が支給されます。

  • 医師の指示により、コルセットなどの補装具を作ったとき。
  • 海外渡航中、治療を受けたとき。(治療が目的で渡航した場合には、支給されません。)
  • やむを得ず、保険証を持たずに治療を受けたとき。
  • 柔道整復師の施術を受けた費用。(脱臼または骨折については、応急手当を除いて医師の同意が必要です。)
  • はり・きゅう・マッサージの施術を受けた費用。(医師の同意が必要です。)

ご注意ください!

払い戻しの申請は、医療費などを支払った日の翌日から2年を過ぎると時効により支給できません。

葬祭費について

被保険者がお亡くなりになったときは、葬祭を行ったかたに5万円が支給されます。

申請に必要なもの

  • 亡くなられたかたの保険証
  • 葬祭を行ったことを確認する書類(例えば、会葬礼状、火葬許可書、火葬・葬儀の領収書などです。)
  • 喪主のかたの印鑑(朱肉を使用するもの)
  • 喪主のかたの振込先のわかるもの
  • 喪主のかたの本人確認のできるもの(顔写真付なら1点、顔写真なしなら2点)

お問い合わせ

健康福祉部保険医療課高齢者医療係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8153