ここから本文です。

更新日:2017年10月30日

AED

 

AEDとは


”AutomatedExternalDefibrillator”の頭文字をとったもので
自動体外式除細動器ともいいます。

心臓突然死


心臓が突然停止の状態となり死に至る病気です。
しばしば”心室細動”(※1)という重症の不整脈により引き起こされ
日本における年間死亡者数は年々増加傾向にあります。
これらの重症不整脈の唯一の治療法が電気ショックによる除細動であり
そのために開発されたのが”AED”なのです。

※1心臓の筋肉が無秩序に細かく痙攣するため
心臓からの血液の拍出は完全に停止し
急速に死に至るきわめて危険な不整脈です。

 

ページの先頭へ戻る

AEDの歴史


1947年に開発され、その後の軽量化・小型化等の改良が進められてきました。
1990年代アメリカでは航空会社が空港ターミナル・航空機内に設置したのをはじめ、
ラスベガスのカジノでは警備員によるAEDを使用した除細動が試みられました。
近年アメリカの空港では60~90秒も歩けばAEDが手に入るといわれています。
日本では従前、医師または医師の指示を受けた看護師・救急救命士のみに
その使用が認められていましたが
平成16年7月に一般市民にもAEDが使用できるようになり(※2)
今後さまざまな施設に設置され普及していくことが期待されています。

※2厚生労働省が設置した
「非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用のあり方検討会」
報告書に基づいています。


大きさはA4サイズのノートパソコン程度
重量は2~3kg程度で持ち運びも楽々!

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

AEDの操作方法

1.電源を入れる

フタを開けると自動的に電源が入る機種もあります。

2.電極パッドを貼る

パッドには貼る位置が描かれていますので、絵のとおり貼ります。
※胸が汗や水で濡れている場合はタオル等で拭き取ります。

3.ショックボタンを押す

「ショックが必要です。ショックボタンを押してください。」などの音声指示がでたら
誰も傷病者に触れていないことを確認した後、ショックボタンを押します。
※すべての傷病者にショックの指示が出るわけではありません。

 

お問い合わせ

消防本部消防署救急係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0885