ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 尾張旭市公共施設における受動喫煙防止対策ガイドライン

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

尾張旭市公共施設における受動喫煙防止対策ガイドライン

令和元年5月31日から「公共施設は原則として敷地内禁煙」となります

望まない受動喫煙をなくし、市民の健康増進を図ることを目的として、平成26年度から実施している「禁煙・分煙の方針及び取組」の内容を見直し、新たに「尾張旭市公共施設における受動喫煙防止対策ガイドライン」を策定しました。

なお、策定にあたっては、平成30年7月に一部改正された健康増進法の内容を踏まえています。

尾張旭市公共施設における受動喫煙防止対策ガイドライン(PDF:1,557KB)

(参考)健康増進法の一部を改正する法律

(参考)禁煙・分煙の方針及び取組(概要版)(PDF:214KB)

基本方針

1.受動喫煙による健康被害をなくします

2.喫煙マナーを徹底します

3.禁煙を支援します

4.たばこを吸わない人を育てます

施設別の対策内容

公共施設は、原則として「敷地内禁煙」とします。(加熱式たばこを含む)

1.第一種施設(学校、児童福祉施設、行政機関等):「敷地内禁煙」

2.第一種施設以外の市有施設及び市管理施設(集会所、消防団車庫等):「建物内禁煙」としますが、可能な限り「敷地内禁煙」をめざします

3.市有及び市管理の屋外空間(道路、駅前広場、公園等):「禁煙推進」

市民意見募集の結果

平成30年12月にガイドラインについて意見募集をしたところ、賛成のご意見を2件いただきました。

開始及び見直し時期

開始時期:令和元年5月31日(世界禁煙デー)

見直し時期:令和6年度中

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康課 

電話番号:0561-55-6800