ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 生活に困窮している方に対する相談窓口について(生活困窮者自立支援)

ここから本文です。

更新日:2017年6月12日

生活に困窮している方に対する相談窓口について(生活困窮者自立支援)

「生活困窮者自立支援法」の施行に伴い、尾張旭市では、経済的な理由などで困窮状態となっている方が自立できるよう問題解決に向けた相談窓口を開設しています。

自立相談支援事業

生活上の様々な問題により困窮状態にあるかたの相談窓口です。相談支援員がお話を伺い、困窮の原因や問題を一緒に整理し、関連機関と連携した支援を行います。

対象者

尾張旭市内に在住で生活にお困りの方

受付場所

市役所健康福祉部福祉課福祉政策係

受付時間

午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝休日を除く。)

相談から支援までの流れ

STEP1お困りごとをお話しください。

福祉課の窓口で申込後、相談支援員が生活のお困りごとをお聞きします。

STEP2一緒に目標をたてましょう。

生活の状況と課題を分析し、どのような支援が必要か一緒に考え、解決に向けた目標を一緒につくりましょう。(プランの策定)

STEP3課題解決に向けて、一緒に取り組みましょう。

各種専門機関と連携し、自立した生活に向けて必要なサポートをします。

住居確保給付金

離職又は自営業の廃業により住居を失ったかたや、または失う恐れのあるかたに、自立のための就職活動が出来るよう、期限を定めて家賃相当額を支給します。(共益費、管理費は支給対象外です。また、支給額に上限があります。)

対象者

対象者は、次のいずれにも該当するかたです。

  1. 尾張旭市内在住で、離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれのある者であること。
  2. 申請日において、65歳未満であって、かつ、離職等の日から2年以内であること。
  3. 離職等の日において、その属する世帯の生計を主に維持していたこと。
  4. 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、「基準額(※)」に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額以下であること。※「基準額」=市民税均等割の非課税となる収入額の12分の1
  5. 申請日における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が基準額の6倍以下であること。ただし、100万円を超えないものとする。
  6. 公共職業安定所に求職の申込みをし、誠実かつ熱心に自立を目指した就職活動を行うこと。
  7. 国の雇用施策による給付又は地方自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。
  8. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

受付場所

市役所健康福祉部福祉課福祉政策係

受付時間

午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝休日を除く。)

関連資料

住宅確保給付金チラシ(PDF:285KB)

子どもの学習支援事業

子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、また、貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等を図ることを目的として、中学生を対象とした学習支援事業を実施します。

事業内容

教員OBや大学生サポーターを中心とした支援員による学習支援、進学支援及び修学支援。

進路の悩みや日ごろの悩みなども相談できます。

対象者

市内に在住の中学生

費用

無料

開催日

毎週土曜日午後1時から4時まで

申込方法

申込書に必要事項を記入の上、郵送または持参にて市役所福祉課福祉政策係までご提出ください。

申込多数の場合は、審査の上、お断りする場合があります。

運営

本事業は、株式会社スターシャル教育研究所に運営を委託し実施します。

関連資料

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部福祉課福祉政策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8139