ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 尾張旭市戦没者追悼式

ここから本文です。

更新日:2022年10月31日

尾張旭市戦没者追悼式

尾張旭市では、戦没者の御霊を追悼するとともに、恒久平和を祈念するために毎年10月に戦没者追悼式を開催しています。

令和4年度尾張旭市戦没者追悼式を開催しました

令和4年10月20日(木曜日)、令和4年度尾張旭市戦没者追悼式を尾張旭市文化会館あさひのホールで開催しました。本年度も新型コロナウイルス感染拡大防止と参列者の安全を考慮して、規模を縮小しての式典となりましたが、遺族や来賓など招待者が出席し、御霊を追悼するとともに、恒久平和を祈念しました。

 

tuitousiki

市長式辞(全文)

 ご遺族の皆様ご参列の下、本日尾張旭市戦没者追悼式を挙行するに当たり先の大戦で亡くなられた全ての御霊に対し市民を代表して謹んで哀悼の誠を捧げます。
 数多の尊い命が失われた先の大戦から七十七年もの歳月が過ぎ去りました。祖国の平和と発展を願い、また、ご家族の安寧を念じ苛烈を極めた戦闘の中で傷つき斃れた皆様、あるいは戦後に至るまで異境の地に残され飢えに苦しみ病に冒され祖国に帰ることがかなわなかった皆様のご無念に思いを馳せますと万感胸に迫るものがございます。また、最愛のご家族を失われ決して癒されることのない深い悲しみを胸に、今日に至るまで長く苦しい日々を過ごして来られましたご遺族の皆様の心痛を拝察いたしますと痛惜の念に堪えません。ここに改めて戦没者の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様のご労苦に対し心から敬意を表します。
 終戦から長い年月を経る中で、戦争を実体験した世代が少なくなり記憶の風化が危惧されております。しかし、今日私たちが日々豊かな暮らしを享受している平和と繁栄は戦禍の中で尊い命を捧げられた戦没者の皆様の重い犠牲の上に築き上げられてきたことを決して忘れてはいけません。また、戦争の悲惨さと平和の尊さを風化させることなく、夢と希望に満ち溢れた平和な世界を持続可能なものとして未来の子どもたちへと引き継いでいくことが私たちに課せられた使命であると信じております。
 国際社会においてはロシアによるウクライナへの侵攻などがありますが、戦争のない世界を願うとともに、何よりもまず市民の命と暮らしを守ることを最優先にそして次の世代を担う子どもたちが夢と希望をもって未来を切り開いていける社会の実現を目指してまいります。
 結びに、戦没者の御霊が安らかなることをご祈念申し上げますとともにご遺族の皆様のご多幸とご健勝を心からお祈り申し上げ式辞といたします。

 令和四年十月二十日
 尾張旭市長 森 和実

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部福祉課社会福祉係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8141