ここから本文です。

更新日:2022年1月7日

ブラインドサッカー

動画

出演:MixSense名古屋の皆さん
出演者情報
HP:http://mixsense-nagoya.spo-sta.com/
メール:mixsense.n@gmail.com

 

ブラインドサッカーとは

覚に障がいのある選手がおこない、感覚を研ぎ澄ませ、声や音、仲間を信じる気持ちを頼りにプレーする5人制サッカーです。パラリンピックでは「5人制サッカー/Football5-a-side」という競技名で行われていました。
ラインドサッカーでは、選手は自分の考えで判断し、ピッチを自由に駆け巡ることができます。選手たちは、仲間の声、ボールの音、相手の気配を感じ取り、視覚以外の全身の感覚を研ぎ澄ませてプレーします。そのため、試合中は静かに観戦をして、点が入った時には盛大な声援を送ります。
内ルールでは弱視者や健常者、性別に限らず混ざりあって試合に出場することも可能です。目が見えてる人、見えていない人それぞれが協力して、一緒に勝利を目指す競技です。

ルール

ットサルをもとに考察されたスポーツで、基本的には一般的なフットサルと同じルールです。しかし、「見えない選手」がプレーするためのルールや工夫があります。

  • 〈参加者〉
    目が見えていない状態の選手が4人と目が見えている状態のゴールキーパーの5人でプレーします。また、相手ゴールの後ろ側にガイド(コーラー)、自陣サイドフェンス外側に監督がいます。
  • 〈道具〉
    視覚障がいの中にも見える状態に差があるため、選手は全員アイマスクを着用します。
    使用するボールは「シャカシャカ」と音が鳴るようになっており、その音を頼りにボールの位置や転がり方を特定します。
    ピッチのサイドライン上には腰上の高さの壁があります。壁もうまく使いながらプレーします。
  • 〈掛け声〉
    選手はボールを持った相手に向かって行く時に、「ボイ」と声を出さなければなりません。選手の存在を知らせ、危険な衝突を避けるためです。発しないと、ファウルを取られます。「ボイ(Voy)」とはスペイン語で「わたしが行く」という意味です。

お問い合わせ

健康福祉部福祉課障がい福祉係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561‐76‐8142