ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 市制50周年PR大使の青木さやかさんからの応援メッセージ

ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

市制50周年PR大使の青木さやかさんからの応援メッセージ

青木さやかさん(尾張旭市出身/タレント/女優)

メッセージ内容

尾張旭市の皆さん、こんにちは青木さやかです。
今私は東京に住んでいるんですけれども、尾張旭市は私の故郷です。
25歳までおりました。今も家族もおります。

遊びに行きたいなと思いながら、今こういう自粛中で私は動けないんですけれども、
50周年ということで、皆さまにまたお会いできるのをとても楽しみにしています。
私は、今散歩に出てきているんですけれども、あまり外に出られないんですが、
医療従事者の皆さんをはじめ、本当にいろんなかたたちが動いていらっしゃると思います。
もう本当に頭が下がる思いです。

この子はですね、トイプードルのおっぽで城山公園を散歩していました、
尾張旭市に住んでいましたが、この度私と一緒に暮らすことになりました。
私はですねNPO法人TWFの会というところで動物愛護の活動をしています。
そこは創立者のたけしさんというすごい明るい人がごみ拾いから始めた。
動物がごみを食べてしまうと病気になるということで、ゴミ拾いから始めています。
名古屋からほど近いので、もしよかったら皆さんいつか遊びに来ていただけたらいいなと思います。

尾張旭市の皆さんにまたお会いできる日をとても楽しみにしています。
ではまた、青木さやかでした。