ホーム > 暮らしのガイド > 健康・福祉 > 予防接種 > 高齢者等の予防接種

ここから本文です。

更新日:2017年11月15日

高齢者等の予防接種

インフルエンザ予防接種

お知らせ~

在、ワクチンの供給不足により、予約が困難となっています。国の発表では、今後、徐々に供給量が増え、12月以降は安定供給される見込みです。まもなく、流行期に入りますので、感染予防のため、うがいマスク着用、体調管理に努めてください。なお、接種を希望される場合は、早めに実施医療機関に予約を入れてください。

インフルエンザホームページ(外部サイトへリンク)(厚生労働省)

対象者

接種日時点で市内に住民登録があり、次のいずれかの要件を満たす方

  1. 満65歳以上
  2. 満60歳から64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる機能障害がある(身体障害者手帳1級程度)

自己負担金

1,200円

生活保護世帯の方は自己負担金が免除になりますので、健康課に印鑑持参のうえ事前申請してください。

接種方法

1回接種。実施医療機関に予約のうえ接種してください。

平成29年度高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関(PDF:44KB)

接種時の持ち物

住所・氏名・生年月日が確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)。接種費用。

接種期間

平成29年10月15日~平成30年2月28日まで

今年度はワクチン供給が遅れている事に伴い、実施期間を1か月延長します。

その他

かかりつけ医が尾張旭・瀬戸市外にある、病院・施設等に入院・入所しているため、上記の予防接種実施医療機関以外の医療機関で接種を希望される方は、愛知県広域予防接種事業、予防接種費用助成(償還払い)等の制度があります。詳細は健康課(電話0561-55-6800)へお問い合わせください。

高齢者肺炎球菌予防接種

 

対象者

市内に住民登録があり、過去5年以内に市の助成を受けて肺炎球菌ワクチンの予防接種をしておらず、次のいずれかの要件を満たす方

  1. 当該年度において65歳になる
  2. 接種日時点で70歳以上
  3. 接種日時点で60~69歳で医師が必要と判断した

自己負担金

2,500円

生活保護世帯の方は自己負担金が免除になりますので、健康課に印鑑持参のうえ事前申請してください。

接種方法

  • 事前に健康課で申請し、接種券などをお受け取りください。その後、実施医療機関に予約のうえ接種してください。
  • 当該年度に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方には、4月上旬に接種券を個人通知しています。接種券裏面の実施医療機関に予約をし接種してください。予診票・説明書等は実施医療機関にあります。

平成29年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関(PDF:44KB)

接種時の持ち物

<健康課で事前申請した場合>

お渡しした1.接種券2.予診票3.接種済証4.住所・氏名・生年月日が確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)5.接種費用

<接種券を個人通知で受け取った場合>

1.個人通知書(=接種券)2.住所・氏名・生年月日が確認できるもの(健康保険証、運転免許証など)3.接種費用

接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

その他

  • 市の助成はお一人様1回限りです。過去に助成を受けて肺炎球菌ワクチン接種をした方は対象となりません。
  • かかりつけ医が尾張旭・瀬戸市外にある、病院・施設等に入院・入所しているため、上記の予防接種実施医療機関以外の医療機関で接種を希望される方は、愛知県広域予防接種事業、予防接種費用助成(償還払い)等の制度があります。詳細は健康課(電話0561-55-6800)へお問い合わせください。

肺炎球菌と肺炎

肺炎は日本人の死亡原因の第3位で75歳以上では肺炎による死亡率は急激に増加します。肺炎球菌による肺炎は成人の肺炎の4分の1~3分の1を占めると考えられています。

肺炎の予防法

日ごろから十分な栄養や休養をとることが大切です。また、お口の中を清潔に保ち肺炎の原因となる細菌を増やさないことも大切です。こまめにうがいをしたり、食後に歯みがきをすることも肺炎の予防には有効です。

予防接種の有効性

肺炎球菌には90種類以上の型があります。肺炎球菌ワクチンを接種することで、頻度の多い23種類の肺炎球菌の型に免疫をつけることができます。ワクチンは1年中いつでも接種できます。また、医師が必要と認めた場合にはインフルエンザワクチンと同時接種することができます。
ワクチンの効果は5年以上持続しますが、時間とともに低下していきます。再接種については、副反応が強く発現することがありますので、接種の必要性やリスクについては医師とよくご相談ください。市の助成は1回限りです。


*この予防接種は、瀬戸旭医師会の協力により実施しています。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康課健康係

尾張旭市新居町明才切57

電話番号:0561-55-6800