ホーム > 暮らしのガイド > マイナンバー制度 > 公的個人認証サービス(電子証明書)について

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

公的個人認証サービス(電子証明書)について

新しい公的個人認証サービスが始まります

平成28年1月からマイナンバーカードの交付が開始されたことに伴い、住民基本台帳カード(住基カード)向け電子証明書の発行・更新等は、平成27年12月22日(火曜日)午後5時をもって終了しました。

公的個人認証サービスを新たに利用される場合や、更新する場合は、マイナンバーカード向けの電子証明書を申請する必要があります。

現在、カードの申請から交付までは1カ月ほど時間がかかります。

なお、有効期間内の住基カード向け電子証明書は引き続きご利用いただけます。

マイナンバー制度について

新しい電子証明書について

 

発行期間

平成27年12月22日(火曜日)午後5時まで

平成28年1月4日(月曜日)から
証明書を格納するカード 住民基本台帳カード マイナンバーカード
有効期間 3年間 5回目の誕生日まで
費用 500円 200円(初回無料)
発行までの期間

即日~数日

所有している本人確認書類で異なります。

1カ月程度

カードと合わせて発行します。

 

新しい電子証明書に関するご注意

  • マイナンバーカードを取得した場合、住基カードは回収し、電子証明書も失効します。(二重交付はできません)
  • マイナンバーカード及び電子証明書の発行は、地方公共団体情報システム機構が一括して行います。カードの申請が集中している場合は、申請から交付までに1カ月以上かかりますので、ご注意ください。

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供するものです。
この公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続き等を行うことができます。

公的個人認証サービスの用途

名古屋国税局管内では平成16年2月2日から、所得税及び個人事業者の消費税の申告について、公的個人認証サービスを利用した電子申請サービス(e-TAX)が行われています。
また、平成17年1月24日から、電子申請・届出システムが稼動しており、公的個人認証サービスを利用して自宅のパソコンから様々な手続きができます。

e-Taxの利用開始のための手続き、利用のためのパソコン操作などに関する問合せについては、こちらのe-Taxヘルプデスクのページを参照の上、お問合せください。

お問い合わせ

市民生活部市民課市民係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8130