ホーム > 暮らしのガイド > 戸籍・住民票 > 国外からの転入

ここから本文です。

更新日:2017年2月10日

国外からの転入

海外から転入して、新たに尾張旭市で住民登録する場合の手続きです。

届出期限

新しい住所に住み始めてから14日以内

届出できる日時

平日午前8時30分から午後5時15分まで

(注意)日曜窓口は、国外転入の受付はできませんのでご注意ください。

届出に必要な物

  • 帰国者全員のパスポート※(入国日のスタンプのあるもの)

(注意)入国審査の際、自動化ゲートを通過した場合は、パスポートと帰国時の航空券の半券を必ずお持ちください。

  • 個人番号(マイナンバー)の通知カードあるいは失効したマイナンバーカード(お持ちのかたのみ)
  • 認印
  • 請求者(養育者)の保険証と振込口座の通帳(中学生までのお子様が転入される場合)
  • 戸籍謄(抄)本と戸籍附票(日本国籍のかたのみ)

(注意)次の方は、戸籍謄(抄)本と戸籍附票は不要です。

  • 本籍地が尾張旭市のかた
  • 出国直前の住所が尾張旭市で、出国届出後5年以内に尾張旭市へ帰国されるかた(転出後に記載内容に変更がある場合は除きます。また、転出の直前(2週間程度)に他市に戸籍を届け出たかたも、必要になる場合がありますので、事前にお問い合わせください。)

外国人のかたの国外からの転入

外国人のかたの転入の場合は、上記届出に必要なものに加えて、次のものが必要です。

  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 続柄を確認する書類

(注)外国人世帯主と外国人世帯員の場合は、家族関係を確認する書類(出生証明、婚姻証明等と日本語訳)が必要です。

お問い合わせ

市民生活部市民課市民係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8130