ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

妊婦健康診査

妊婦健康診査


尾張旭市では、妊婦健康診査受診票を母子健康手帳交付時にお渡ししています。
なお、他の市区町村から転入されたかたにつきましては、お手持ちの妊婦健康診査受診票を尾張旭市のものと差し替えていただく必要があります。使用した枚数に応じて上限14枚まで交付しますので、受診票と母子健康手帳をお持ちのうえ、健康課窓口までお越しください。
※一部の妊婦健康診査受診票が助産所でも使用できます。

受診票に明記されていますので、ご確認ください。

ページの先頭へ戻る

産後健康診査

産後健康診査1回分の助成(補助)が始まりました。

対象

平成29年4月1日以降に出産された、尾張旭市に住民票のある産婦

使用期間

産後8週以内(出産翌日から56日間)

その他

  • 平成29年3月31日までに母子健康手帳の交付を受けた、対象のかたには、出生状況が確認でき次第、受診票を送付します。
  • 平成29年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けるかたは、妊婦・乳児健康診査受診票と一緒に産後健康診査受診票を交付します。
  • 母の住民票が尾張旭市内にあっても、お子さんの住民票が尾張旭市外にある場合は把握ができないため、お子さんの母子健康手帳(出生届出済証明のページ)等をお持ちのうえ、健康課窓口で申請手続きを行ってください。
  • 平成29年4月1日以降に転入されるかたは、産後8週以内で、転入前の市区町村で産後健診の助成を受けていないかたには、産後健診受診票を交付します。

ページの先頭へ戻る

妊婦・産後・乳児健康診査県外受診助成金

尾張旭市では、愛知県外で妊婦・産後・乳児健康診査を受診された場合、健診費用を助成します。(妊婦・産後・乳児健康診査受診票裏面の健診項目についてのみ助成対象となります。なお、産後健康診査・乳児健康診査については、医療機関での受診のみ助成対象です。)
健康診査受診日から1年以内に、以下のものをお持ちのうえ健康課へ申請してください。

申請に必要なもの

  1. 妊婦・産後・乳児健康診査結果報告書(裏面に医療機関等による記入があるもの)
  2. 健康診査費用のわかる領収書(原本)(レシートは不可)、明細書
  3. 通帳
  4. 印鑑(インク浸透印は不可)

限度額内での助成になります。詳しくは申請の際にご説明します。

ページの先頭へ戻る

妊産婦歯科健診

妊娠中はホルモンの関係で口の中が酸性に傾きネバネバしやすいです。悪阻(つわり)で歯みがきがしっかり出来ない時期があると、より歯垢や食べカスが口の中に残り、歯周病やむし歯のリスクが上がります。妊娠中に歯に関心を持ち、今後のお口トラブルの予防をしていきましょう。
妊産婦歯科健診受診券は母子健康手帳交付時にお渡しします。

対象

尾張旭市在住で母子健康手帳を交付されてから、産後1年以内のかた

内容

歯科健診、保健指導

実施場所

市内指定歯科医療機関(PDF:90KB)

費用

上記内容については無料。

健診以外の処置をした場合は別途、診療費が必要となります。

受診方法

指定歯科医療機関へ直接電話予約し、受診してください。

持ち物

妊産婦歯科健診受診券、保険証、母子健康手帳

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康課健康係

尾張旭市新居町明才切57

電話番号:0561-55-6800

健康福祉部健康課庶務係

尾張旭市新居町明才切57

電話番号:0561-55-6800