ホーム > 子育て > 尾張旭市定期予防接種再接種費用助成事業

ここから本文です。

更新日:2021年5月12日

尾張旭市定期予防接種再接種費用助成事業

骨髄移植等の医療行為により免疫を失い、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されたかた(再接種日に満20歳未満)に対して、感染症を予防する目的で、予防接種の再接種費用を助成します。

対象者

1から3のすべてに該当するかた

  1. 骨髄移植等の医療行為により免疫を失い、接種済みの定期予防接種の効果が期待できないと医師に判断されたかた
  2. 予防接種再接種の申請時及び再接種実施日に尾張旭市内に住所を有し、満20歳未満のかた(ただし、接種ワクチンによっては接種年齢の上限あり:定期予防接種の長期療養児の対象期間の特例に準ずる)
  3. 接種済みの定期予防接種の接種回数・接種間隔が予防接種実施規則の規定によるものであること

対象となる予防接種

骨髄移植等の医療行為よりも前に接種した、定期予防接種A類疾病のワクチン

【接種年齢の上限があるもの】

BCG 満4歳未満
小児の肺炎球菌 満6歳未満
ヒブ 満10歳未満
4種混合 満15歳未満

 

◎再接種前の事前申請に基づき、本市が医療機関に接種を依頼したワクチンのみ助成対象となります。

助成金額

再接種にかかった費用(ただし、市が定める当該年度の予防接種委託料額を上限とする)

◎文書料は対象外です。

申請

事前申請方法及び再接種

1接種前に下記を健康課窓口に提出する。

  • 「尾張旭市定期予防接種再接種費用助成申請書(第1号様式)」:保護者が記入
  • 「尾張旭市定期予防接種再接種に関する対象者該当理由書(第2号様式)」:主治医が記入
  • 母子健康手帳の予防接種の記録がわかるページの写し

2助成の対象となる場合は、「尾張旭市定期予防接種再接種実施依頼書」、予診票をお渡ししますので、医療機関に持参し、再接種を受けてください。

  • 書類の作成に1週間ほどかかりますので、書類ができてから医療機関を予約してください。
  • 書類の郵送を希望される場合は、申請時に切手を持参してください(切手の金額は、再接種する予防接種の数により異なるため、詳しくは健康課にお問い合わせください)。

【再接種後に、医療機関より下記の書類を受け取ってください(助成金交付申請に必要)。】

(1)予診票(「市提出用」と記載されたもの)

(2)母子健康手帳への接種記録の記載または予防接種済証

(3)領収書・明細書(それぞれのワクチン名、金額が記載されているもの)

請求方法

1記(1)から(3)及び助成金交付申請に必要な下記を健康課に提出する。

  • 「尾張旭市定期予防接種再接種費用助成金交付申請書(第4号様式)
  • 「尾張旭市定期予防接種再接種費用助成金交付請求書(第7号様式)
  • 振込先口座が確認できるものの写し

2日、指定口座に助成金を振り込みます。

申請及び請求期日

  • 医療機関に提出する「尾張旭市定期予防接種再接種実施依頼書」は当該年度末まで有効です。年度をまたいで再接種が必要なかたは、次年度に再度申請してください。
  • 助成金交付申請手続き(助成金の請求)は、再接種を実施した年度内に行ってください。年度をまたいでの請求は受付できません。

その他

本助成事業の手続きに必要な書類は、健康課窓口にてお渡ししています。

詳細はお問い合わせください。


お問い合わせ

健康福祉部健康課 

電話番号:0561-55-6800