ホーム > 私立学校修学支援

ここから本文です。

更新日:2018年9月1日

私立学校修学支援

尾張旭市では、私立学校に在籍している児童生徒の保護者負担を軽減するため、私立学校修学支援事業補助を行っています。

平成30年度の申請

  • 高等学校等は9月に学校から申請書を配布します。(一部配布しない学校もあります。)
  • 小中学校は学校から配布しませんので広報やホームページでご確認ください。(昨年申請していただいた方及び新1年生の保護者には直接自宅に申請書を送付します。)

対象者

次の全ての要件に該当する児童生徒の保護者が対象となります。

  1. 平成30年10月1日において、私立学校に在籍する方
    ※対象となる私立学校は、私立の小学校、中学校、義務教育学校及び中等教育学校(前期課程)、高等学校、中等教育学校(後期課程)及び専修学校(修業年限が3年の高等課程に限る。)です。
    ※高等学校等の通信制課程、専攻科又は別科を除きます。
  2. 平成30年10月1日において、その保護者が尾張旭市に住所を有する方
  3. 次の所得基準に該当する方
    (1)高等学校、専修学校の場合
    の保護者が愛知県私立高等学校等授業料軽減事業の所得基準の「甲1.」、「甲2.」、「乙1.」又は「乙2.」区分に該当する方
    (2)小学校、中学校の場合
区分 所得基準(父母合算)
甲1. 県民税所得割額と市町村民税所得割額とを合算した額が非課税の世帯
甲2. 県民税所得割額と市町村民税所得割額とを合算した額が85,500円未満の世帯
乙1.

県民税所得割額と市町村民税所得割額とを合算した額が272,500円未満の世帯(勤労生徒で県民税所得割額と市町村民税所得割額とを合算した額が113,500円未満の者)

乙2. 県民税所得割額と市町村民税所得割額とを合算した額が452,500円未満の世帯

補助金額

区分 一人当たり補助額(年額)
所得区分「甲1.」 18,000円
所得区分「甲2.」 15,000円
所得区分「乙1.」及び「乙2.」

12,000円

 

次の区分に該当する場合は補助金の加算があります。(多子加算)

区分

一人当たり補助額(年額)

対象児童生徒に保護者等の扶養親族であり、年齢が23歳未満である兄・姉がいる場合

5,000円

手続き

  • 申請書は、平成30年9月中旬から配布します。(高等学校は学校から配布、小中学校は市役所教育行政課に用意またはホームページからダウンロードしてください。)
  • 受付期間は、平成30年10月1日(月曜日)から10月31日(水曜日)です。
  • 学校で申請書を取りまとめている場合(高等学校)は、学校へ提出してください。
  • 申請書の内容を審査した後、補助金交付決定通知書により通知します。
  • 補助金の振り込みは、12月下旬の予定です。

必要書類

区分 必要書類

高等学校

専修学校

  • 申請書(高等学校等用)(PDF:96KB)申請書記載例(PDF:130KB)
    学校へ提出し、申請書内に在学証明と愛知県私立高等学校等授業料軽減事業の対象者であることの証明を受けてください。
  • 多子加算の対象となる場合は、その23歳未満である兄・姉が扶養親族である証明として、「健康保険証」の写しを提出してください。

小学校

中学校

  • 申請書(小中学校用)(PDF:92KB)申請書記載例(PDF:123KB)学校へ提出し、申請書内に在学証明を受けてください。
  • 県民税の所得割額及び市町村民税の所得割の額の証明書
    父母の平成30年度県民税及び市町村民税課税証明書又は納税通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)の写し※必要な方は平成30年1月2日以降に尾張旭市に転入した方のみです。
  • 多子加算の対象となる場合は、その23歳未満である兄・姉が扶養親族である証明として、「健康保険証」の写しを提出してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会教育行政課庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8176