ここから本文です。

更新日:2018年4月10日

教育長室

kyouikuchou新年度が始まりました

 

この時期、春の訪れが早く、とてもさわやかな季節を感じます。新年度を向かえ、2日に職員の辞令伝達式を、5日には中学校、そして6日には小学校の入学式を無事行うことができました。職員はもとより、児童生徒の皆さんは、気持ちを新たにスタートを切れたことと思います。新しい環境になれ、充実した日々を送ることができるよう願うとともに、皆様の温かいご支援をお願い申し上げます。

さて、2018年度は小学校の道徳の教科化が始まり、さらに新学習指導要領の完全実施に向け、様々な取組も始まってきます。道徳では、教科化の背景をしっかりと捉え、心の発達、自尊感情などの不十分さが、いじめなどの問題行動につながっていることから、これまでの道徳を見直し、「考え、議論する道徳」に向け取り組んでいかなければなりません。一つの答えをみつけること以上に、一人ひとりの価値観を形成していくことが必要となってきます。一方、新学習指導要領では、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた、いわゆるアクティブラーニングの視点に立った授業改善を推進することが求められています。ここには、子どもたちが自らの人生を社会や地域と結びつけ、人との関わりを大切にしながら、将来にわたって必要とされる資質や能力を身に着けて行くことができるようにしていくこととなります。新時代に向け、教育に求められるものも多様化し、子どもたちがしっかりとした人として育っていけるよう、多くの方にご支援をお願いしたいと思います。

 

平成30年4月

尾張旭市教育委員会教育長

お問い合わせ

教育委員会教育行政課庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8176