ホーム > 暮らしのガイド > 教育・文化・スポーツ・市民活動 > 教育 > 小・中学校 > 小中学校の学習セット(机・いす)

ここから本文です。

更新日:2015年4月1日

小中学校の学習セット(机・いす)

市では、教科書や教材の大型化(A判化など)、児童・生徒の体格の向上に合わせ、天板の面積が大きく、下肢空間が広がった新JIS規格の学習セット(児童・生徒用机・いす)に順次導入しました。
平成23年度から順次導入し、平成26年度に旭丘小学校、三郷小学校で導入したことで、全小中学校への導入が完了しました。

新JIS規格の机・いす写真

新JIS規格の机・いす

新旧規格の違いイメージ

新旧JIS規格の違い

愛知県産材の使用

学習セットの更新にあたっては、愛知県の「あいち森と緑づくり事業」の施策の一つとして実施される、「木の香る学校づくり推進事業」を活用し、愛知県産木材を活用した机いすを導入しています。
この事業は、愛知県産木材の利用拡大、良好な学習環境の提供などを目的として行われるもので、市の負担する机いすの購入費の一部が愛知県から交付されます。

お問い合わせ

教育委員会教育行政課庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8176