ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

市では収集しないごみ

収集できないごみの種類

事業系ごみ

飲食店、スーパー、事務所、各種商店、工場などの事業活動により発生するごみ(事業系一般廃棄物)は、尾張旭市一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼するか、晴丘センターに直接搬入してください。

一時多量ごみ

引越しに伴うごみ、庭木の剪定、その他一時に多量に出るごみは、晴丘センターへ直接搬入するか、尾張旭市一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼してください。

処理困難なもの

  • 廃油等の液体
  • ペンキ
  • シンナー
  • ガスボンベ
  • 消火器
  • バイク
  • 耕運機
  • タイヤ
  • カーバッテリー
  • 自動車の部品(バンパー等)
  • 石、砂、土
  • 木の根
  • 浴槽
  • 耐火金庫
  • 長さ1m又は直径10cmを超える木
  • 建築廃材など

ご注意
晴丘センターで処理のできないものは、市の収集も直接搬入できません。購入先に引き取りを依頼するか、尾張旭市一般廃棄物収集運搬業許可業者に依頼をしてください。

バイクのリサイクルについて

乗らなくなったバイクについては、市では収集できません。
事業者による自主取組みの「二輪車リサイクルシステム」により再資源化されています。
詳しくは、自動車リサイクル促進センターのページをご覧ください。

【二輪車リサイクルコールセンター】
電話:050-3000-0727
受付時間:9時30分~17時00分(土、日、祝日、年末年始等を除く)

消火器の処分方法について

消火器の処分は、株式会社消火器リサイクル推進センターが地域の販売代理店等と協力して行っています。

引取窓口の探し方

  1. 株式会社消火器リサイクル推進センターのホームページで検索する。
  2. 株式会社消火器リサイクル推進センターに電話する。
    電話:03-5829-6773
    受付時間:9時から17時まで(土・日・祝日・休日及び12時から13時までを除く)

家電リサイクル法対象物

テレビ(ブラウン管式、液晶式、プラズマ式)、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機・衣類乾燥機、エアコン(室外機も含む)の6品目については、市では収集できません。
詳しくは、家電リサイクル法のページをご覧ください。

 

お問い合わせ

市民生活部環境課ごみ減量係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8135