ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 上水道 > 鉛管についてのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2016年7月26日

鉛管についてのお知らせ

より安全な水を皆様にご利用いただくため、宅地内の水道施設に関してお知らせいたします。

鉛管とは

  • 鉛管は、文字通り「鉛」の管で、鉄管などに比べて腐食しにくく、やわらかくて加工しやすいことから、以前は公道や宅地内の水道管に使用されていました。
  • 宅地内の水道管には、現在では主に塩化ビニル管が使用されていますが、昭和51年以前に建築された家屋などでは、一部に鉛管が使用されていることがあります。
  • 市が管理する公道内の水道管から水道メーターまでは、市で取り替え工事が行われ、鉛管が使用されている箇所はありません。

鉛の水質基準

  • 平成15年4月1日に現行の水質基準(0.01mg/L)が施行されており、尾張旭市が供給している水道水は水質基準の10%(0.001mg/L)未満となっています。
  • 水道水の鉛の濃度が0.05mg/Lを超えることがなければ、連続的な摂取をしても人の健康に影響を生じることはないと言われています。

鉛管が使用されている家庭での水道水の使用方法

通常の状態では特に問題はありませんが、朝一番の水や旅行などで長期間水道を使用されなかったときは、水道水の鉛濃度が高くなることがあります。

これが直ちに健康に影響を及ぼすものではありませんが、バケツ1杯(10リットル)程度は飲料用以外の水としてご使用いただくことをお勧めいたします。

鉛管のお取り替えはお客様で

  • 宅地内にある水道メーターから蛇口までの水道管は、個人の財産です。鉛管を取り替える場合は、お客様のご負担となります。
  • 工事に関する事項(見積等)については、尾張旭市管工事業協同組合(電話0561-54-6666)へお問い合わせください。

お問い合わせ

都市整備部上水道課給水係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8170