ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 上水道 > 水道工事のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2018年4月16日

水道工事のお知らせ

水道工事の予定

平成30年度における主な水道工事の予定は、次の表のとおりです。

工事名
(路線等の名称)

工事概要
(予定)

施工時期
(予定)

工事場所

工事内容

1.水道管布設工

(市道瀬戸新居線)

口径400mm
延長240m

平成30年6月

平成31年1月

東栄町地内

耐震性のある幹線水道管を布設する工事

2.水道管布設工事

(市道瀬戸新居線外)

口径200mm~

400mm

延長490m

平成30年5月

平成31年2月

新居町地内

耐震性のある幹線水道管を布設する工事

3.水道管布設工事

(市道瀬戸新居線外)

口径400mm

延長410m

平成30年6月

平成30年12月

城前町地内

耐震性のある幹線水道管を布設する工事

4.水道管布設工事
(市道霞ヶ丘線外)

口径50mm~100mm
延長740m

平成30年5月

平成30年9月

霞ヶ丘町地内

新設道路に耐震水道管を新設する工事

5.水道管布設工事
(市道霞ヶ丘線外)

口径50mm~100mm
延長1260m

平成30年5月

平成30年11月

霞ヶ丘町地内

新設道路に水道管を新設する工事

6.水道管布設替工事
(県道松本名古屋線外)

口径75mm
延長360m

平成30年8月

平成31年1月

西山町地内

老朽化した水道管を耐震管に布設替する工事

7.水道管布設替工事
(市道東西2号線外)

口径75mm~100mm
延長540m

平成30年8月

平成31年2月

東山町地内

老朽化した水道管を管耐震管に布設替する工事

8.水道管布設工事
(区画整理関連)

口径75mm
延長110m

平成30年7月

平成30年9月

北原山町地内

区画整理地内新設道路に耐震水道管を布設する工事

9.水道管布設工事
(区画整理関連)

口径75mm~

150mm

延長220m

平成30年7月

平成30年9月

北原山町地内

区画整理地内新設道路に耐震水道管を布設する工事

10.水道管布設工事
(区画整理関連)

口径100mm~300mm
延長580m

平成30年9月

平成31年2月

北原山町地内

区画整理地内新設道路に耐震水道管を布設する工事

11.水道管布設工事
(区画整理関連)

口径75mm~

100mm

延長230m

平成30年9月

平成31年2月

北原山町地内

区画整理地内新設道路に耐震水道管を布設する工事

12.水道管布設工事

(市道卓ヶ洞2号線外)

口径75mm

延長260mm

平成30年10月

平成31年2月

桜ヶ丘町地内 耐震水道管を新設する工事

13.水道管布設替工事に伴う舗装復旧工事

(市道桜ヶ丘4号線外)

面積930平方メートル

平成30年5月

平成30年8月

桜ヶ丘町地内

水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

14.水道管布設替工事に伴う舗装復旧工事

(市道東西2号線外)

面積1,100平方メートル

平成30年6月

平成30年8月

西山町地内

水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

15.水道管布設工事に伴う舗装復旧工事

(市道瀬戸新居線)

面積1,600平方メートル

平成30年6月

平成30年9月

大久手町地内 水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

16.水道管布設工事に伴う舗装復旧工事

(市道瀬戸新居線外)

面積2,350平方メートル

平成30年5月

平成30年9月

新居町地内 水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

17.水道管布設工事に伴う舗装復旧工事

(市道瀬戸新居線)

面積1,660平方メートル

平成30年10月

平成30年12月

城前町地内 水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

18.水道管布設工事に伴う舗装復旧工事

(県道春日井長久手線)

面積650平方メートル

平成30年6月

平成30年8月

東大久手町地内 水道管を布設した後の舗装を復旧する工事

 

上記、工事予定の箇所につきましては、こちらの「平成30年度工事施工箇所図」(PDF:1,473KB)をご参照ください。

工事箇所周辺にお住まいの方には施工業者が決まり次第、ちらし等で詳細な日程等をお知らせします。
工事中はご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いします。

 

水道工事にご理解・ご協力を

上水道課では、いつでも安心して水道水をお使いいただくため、古くなった水道管の布設替えを行ったり、また、公道で漏水があればその修繕を行うなど多くの工事を行っています。
工事中は、道路を掘り起こしたり、断水や水が赤く濁ったりすることもあり、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。

断水を伴う工事などのときは、次のことにご注意ください。

  • 断水や濁り水に備えて、水を汲み置きしておいてください。
  • 断水の最中は、必ず蛇口を閉めておいてください。
  • 受水槽を設置されている場合は、止水栓を閉めるなどして、濁り水が受水槽の中へ入らないようにしてください。
  • 工事の終了後に、赤色や白く濁った水や、蛇口から弾けるように水が出た時は、きれいになるまでしばらく水を流してください。流した濁り水は、飲用や調理以外にご使用ください。
  • また、浄水器などは、きれいな水かどうかを別の蛇口などで確認してからご使用ください。

水道水が白く濁る場合(白水)のほとんどは、小さな気泡(空気)が水中に混ざったもので、コップに取りしばらくすると透明になります。従って人体には無害です。コップに取っていつまでも白いままの場合は、上水道課までご連絡ください。

水道水が赤く濁る場合(赤水)のほとんどは、水道工事により水道水の流れる速さや方向が変わったために、管の内部の錆などがはがれ、水道水に混じったものです。
その主成分は鉄分ですが、水道水の味に影響したり、洗濯の際に衣類に色がつく場合があります。
誤って飲んでしまったとしても、少量であれば人体への吸収率は低く、大部分は排出されます。

朝一番などの水は飲み水以外に

朝一番の水や長時間留守にされたときの最初の水は、水道管内に長時間滞留していた水であるため消毒用の塩素が少なくなっていたり赤水が発生したりすることがあります。
通常の使用状態では、健康上問題はありませんが、念のため、朝一番や長時間留守にされた後などに水道を使用する場合は、使い始めのバケツ1杯程度(約10リットル)の水道水は、飲用や調理以外の用途にお使いください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部上水道課工務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8169

都市整備部上水道課給水係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8170