ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 環境保全 > 豚コレラについて

ここから本文です。

更新日:2019年2月8日

豚コレラについて

 

豚コレラに関する情報について

豚コレラは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません

また、豚コレラに感染した豚やイノシシの肉が市場に出回ることはありません

(万が一、感染した肉を食べてしまっても人体に影響はありません。)

根拠のない噂などにより混乱することなく、正確な情報に基づいて冷静に対応していただくようお願いいたします。

【農林水産省HP】豚コレラについて(外部リンク)

【食品安全委員会HP】豚コレラについて(外部リンク)

【国民生活センターHP】豚コレラに関する情報(外部リンク)

 

愛知県における豚コレラの対応について

尾張旭市全域が指定猟法禁止区域に指定されました

平成31年1月31日(木曜日)に春日井市明知町で捕獲された野生イノシシから豚コレラウイルスの感染が確認されました。

これを踏まえた、愛知県の対応については、下記関連リンク【愛知県HP】のとおりとなります。

本市においては、愛知県から指定猟法禁止区域に指定されましたので、お知らせいたします。(※指定猟法:銃器又はわなを使用する猟法)

つきましては、尾張旭市内における指定狩猟(有害捕獲を含む。)が禁止されるため、ご注意ください。

【愛知県HP】豚コレラウイルス拡散防止に向けた対応について(外部リンク)

【愛知県HP】豚コレラについて(外部リンク)

 

捕獲された野生イノシシの検査結果

春日井市明知町で捕獲された野生イノシシから豚コレラウイルスの感染が確認されたことを踏まえ、尾張旭市内で捕獲された野生のイノシシについて、愛知県が全頭検査を実施することになります。

愛知県内における、これまでの検査結果については、次のとおりです。

【愛知県HP】豚コレラウイルス検査実施状況(外部リンク)

 

豚コレラを拡散させないために

豚コレラは、豚やイノシシが感染する病気であり、人に感染することはありませんが、人、物資、車両にウイルス等が付着していると、移動した先で拡散してしまう恐れがあります。

このため、イノシシの生活圏内には近づかないようにする等、感染拡大の防止にご理解・ご協力をお願いいたします。

 

死んでいるイノシシを発見したら

もし、死んでしまっているイノシシを尾張旭市内で発見することがありましたら、西部家畜保健衛生所尾張支所(電話:0568-81-1874)へご連絡ください。

【愛知県HP】西部家畜保健衛生所(外部リンク)

 

お問い合わせ

市民生活部環境課環境保全係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8136