ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 環境保全 > 尾張旭市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

尾張旭市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)

市の事務及び事業に伴い排出される温室効果ガスの削減を図るため、「尾張旭市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)」を策定しました。

目的

この計画は、地球温暖化対策の推進に関する法律(以下「温対法」という。)第21条第1項に基づき策定する地球温暖化対策実行計画(事務事業編)であり、本市の事務及び事業から排出される温室効果ガスの排出削減に向けての取り組みを定め、地球温暖化対策を推進するとともに、職員の環境意識向上を図ることを目的としています。

計画期間及び基準年度

  1. 計画期間・・・平成29年度から平成42年度まで(14年間)
  2. 基準年度・・・平成27年度

計画の範囲

本市が実施する全ての事務及び事業とします。(一部事務組合及び公共工事や各種調査業務など外部発注などにより実施する事業は対象外とします。)

対象とする温室効果ガスの範囲

温対法で対象としている7種類の温室効果ガスの内、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボンの4気体を対象とし、本市の事務及び事業から排出されないその他の3気体は対象外とします。

目標

平成42年度までに二酸化炭素換算した温室効果ガス排出量を、基準年度比で10%削減します。

(浄化センターについては、供用区域の増加など事業量の増大が見込まれ、削減目標の設定が困難なため、削減目標設定の対象からは除外しています。なお、市の温室効果ガス排出量の公表時には、浄化センター分を含めた数値を併記します。)

取り組み内容

本計画の目標を達成するため及び環境に配慮した行動を率先して行い、環境への負荷の低減に積極的に取り組むため、以下の取り組みを推進します。

  1. 省エネルギー・省資源の推進
  2. 廃棄物の排出抑制・リサイクルの徹底・適正処理
  3. グリーン購入の推進
  4. 公共工事の環境への配慮
  5. 公共施設の省エネ化・再生可能エネルギーの活用
  6. 職員への周知啓発

関連資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8134