ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > ペット・自然環境 > 蚊媒介感染症対策について

ここから本文です。

更新日:2017年6月6日

蚊媒介感染症対策について

蚊媒介感染症については、南米を中心に流行が拡大したジカウイルス感染症やデング熱、チクングニア熱等が海外では多数発生しています。これから蚊のシーズンに入るため、海外から持ち込まれた蚊媒介感染症が日本国内で流行するリスクは高くなると思われます。

蚊の発生源対策、忌避剤を使用した防蚊対策等に心がけ、蚊が媒介する感染症から身を守りましょう。

防蚊対策

  • 出かけるときは、肌の露出が少ない服装にする。
  • 虫除け剤を使用する。

発生源対策

  • 蚊の発生を減らすために、定期的に幼虫が発生しそうな周辺の水たまりの除去・清掃をする。
  • 下草を刈るなど、成虫が潜む場所をなくす。

水たまり除去・清掃

  • 植木鉢の皿
  • 雨ざらしの用具
  • 詰まった排水溝
  • 雨除けのブルーシートや古タイヤに溜まった水たまり
  • 屋外に放置された空きビン・缶・ペットボトル

下草刈り

  • 風通しの悪いやぶ・草むら

啓発ポスター

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境保全係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8136