ここから本文です。

更新日:2015年9月25日

アスベストに関する相談

アスベスト(石綿)とは、繊維状で、不燃・耐熱性に優れ、耐久性、耐磨耗性、絶縁性などの特性を有することから、建築の壁や天井などの防火、耐火、吸音性などを確保するため幅広く用いられました。

特に、吹付けの石綿は昭和30年頃から使用し始められましたが、セメントなどの含有量が少ないことから、飛散性が高く、昭和55年以降は使用されておりません。

アスベスト(石綿)は、その粉じんを吸入することにより、肺がん、中皮腫等の健康被害をもたらすことから、社会問題となっております。また、吹付けアスベスト使用建築物の多くが、築後30年程度経過しており、今後その建て替えのための解体等の作業が増加することが予想されます。

そこで、市民の不安に対応するため、アスベスト(石綿)に関する相談窓口を下記のとおり紹介いたします。

 


 

 

 

お問い合わせ

市民生活部環境課環境保全係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8136