ホーム > 暮らしのガイド > 生活・環境 > 環境保全 > 住宅用地球温暖化対策設備設置費補助事業

ここから本文です。

更新日:2017年8月7日

住宅用地球温暖化対策設備設置費補助事業

地球温暖化防止対策の一環として、市民の効率的なエネルギーの利用を積極的に支援し、省エネルギーの推進や温室効果ガスの排出抑制に寄与することを目的として、住宅用地球温暖化対策設備を設置するかたに補助金を交付します。

補助対象

補助対象設備

  • 住宅用太陽光発電設備
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS)
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム)
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム
  • 電気自動車等充給電設備

補助対象者

次に掲げる要件を全て満たすかた。

  1. 自ら居住する市内の住宅に設備を設置、または市内の設備付きの住宅を購入すること
  2. 交付申請時に設備の設置を完了していないこと
  3. 平成30年2月28日までに設備の設置を完了していること
  4. 市税を滞納していないこと
  5. 尾張旭市暴力団排除条例に定める暴力団員に該当しないこと

補助金の額

  • いずれも、未使用品であり、リース品でないことが条件となります。
  • 計算の結果、千円未満の端数が生じたときは、切り捨てます。
  • 設備の仕様及び条件、補助対象経費の詳細については、「補助事業のご案内(PDF:598KB)」をご覧ください。

住宅用太陽光発電設備

市内業者を利用された場合

  • 太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり3万円

市外業者を利用された場合

  • 太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり2万円

上限4kW

  • 最大出力の小数点以下2桁未満は、四捨五入とします。

市内業者

  • 市内に本社を有するもの
  • 市内に営業機能を有する支店、営業所等を有するもの
  • 市内に事業所を有するもの

家庭用エネルギー管理システム(HEMS)

  • 補助対象経費の合計額に4分の1を乗じて得た額であって、1万円を上限

家庭用燃料電池システム(エネファーム)

  • 補助対象経費の合計額に4分の1を乗じて得た額であって、10万円を上限

定置用リチウムイオン蓄電システム

  • 補助対象経費の合計額に4分の1を乗じて得た額であって、10万円を上限

電気自動車等充給電設備

  • 補助対象経費の合計額に4分の1を乗じて得た額であって、5万円を上限

平成29年度募集要領

交付申請受付期間

第1期【受付は終了しました。】

平成29年4月17日(月曜日)から平成29年6月30日(金曜日)まで

第2期

平成29年9月1日(金曜日)から平成29年10月31日(火曜日)まで

交付決定方法

  • 公開抽選(市内業者施工の場合は優先)
  • 交付の決定は先着順ではありません。
  • 受付期間内に交付申請予定額の合計が予算額を超えた場合は、抽選を行います。

予算

第2期

  • 住宅用太陽光発電設備:227万1千円
  • 家庭用エネルギー管理システム(HEMS):15万円
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム):100万円
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム:50万円
  • 電気自動車等充給電設備:5万円

抽選

補助金交付対象者は公開抽選で決定します。

第1期【抽選は終了しました。】

(抽選日時)平成29年7月12日(水曜日)午前10時から

(抽選場所)尾張旭市役所南庁舎3階講堂1

抽選結果は次のページでご確認ください。

平成29年度住宅用地球温暖化対策設備設置費補助抽選結果(第1期)

第2期

(抽選日時)平成29年11月10日(金曜日)午前10時から

(抽選場所)尾張旭市役所南庁舎3階講堂1

申請から受領までの流れ

  1. 交付申請
  2. 抽選
  3. 交付決定通知【当選した場合】
  4. 実績報告
  5. 交付額確定通知
  6. 交付請求
  7. 補助金交付
  8. 補助金受領

手続きの内容の詳細については「補助事業のご案内(PDF:598KB)」をご覧ください。

補助金交付要綱・申請書様式など

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境政策係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8134