ここから本文です。

更新日:2018年6月1日

水質浄化

生活排水対策

私たちは、毎日の暮らしの中で多くの水を使います。しかし経済が発展し、生活が豊かになるにつれて川や水の汚れが目立つようになりました。こうしたなか、近年では、工場などの産業排水の対策が進み、それとは逆に家庭での水の使用量や汚れが増えたことから、台所や風呂・トイレなど日常生活の営みから出される生活排水が汚れの大きな原因となっています。生活排水は、私たちのちょっとした工夫できれいにすることができます。美しい川や海をいつまでも大切に守っていくためにも、一人ひとりが各家庭から出る水の汚れをできるだけ減らす努力をしていただくようお願いします。

矢田川、天神川の水質

市では、市内を流れる矢田川と天神川の水質を、調査しています。

生物科学的酸素要求量(BOD)のデータ

年度

4月

6月

8月

10月

12月

2月

平成27年度

天神川

-

3.5

2.9

4.6

4.0

6.9

矢田川

-

4.0

1.8

3.9

4.2

6.6

平成28年度

天神川

-

2.4

4.6

2.5

4.9

5.7

矢田川

-

2.5

4.0

3.1

4.2

8.9

平成29年度

天神川

-

2.6

2.5

1.9

2.2

3.8

矢田川

-

3.1

2.7

2.4

3.2

6.4

(注)平成29年度6月の矢田川の数値は再計測した値

単位:mg/l

生物化学的酸素要求量(BOD)のほか、水素イオン濃度(pH)、化学的酸素要求量(COD)、浮遊物質量(SS)、溶存酸素(DO)、陰イオン界面活性剤(ABS)、大腸菌群数、電気伝導率、n-ヘキサン抽出物質も調査しています。

生活排水重点地域

平成2年に水質汚濁防止法が改正され、生活排水対策の推進の規定が追加されて「生活排水の排出により公共用水域の汚濁を防止するため生活排水対策の実施を特に必要と認められるときは、都道府県知事は生活排水対策重点地域を指定しなければならない」旨の規定が設けられました。

この規定を受け、平成12年3月17日に、本市を含む矢田川上流域が生活排水対策重点地域に指定されました。

矢田川上流域については、類型指定D・ロ(BOD8mg/L以下)のBOD基準値を、なかなか達成することができませんでしたが、平成19年度以降は環境基準点の大森橋において基準を達成し続けています。

水生生物調査(川の生きものを調べよう)

平成29年度水生生物調査は終了しました。

平成30年度流域モニタリング一斉調査参加者募集

流域モニタリング一斉調査とは、森から海までの流域全体を視野に入れ、水循環の現状とその変化を把握するため、県民・事業者・民間団体・行政が協力して、流域の水環境の状況を調査するものです。6月5日から9月末までに調査マニュアルを用いて、身近な水辺の調査を行うものです。

対象

尾張旭市にお住まいのかた(小学生以下の場合は保護者同伴)

応募方法

下記参加申込書に必要事項を記入のうえ、直接尾張旭市環境課にお申し込みください。

募集期間

調査予定日に応じて、最長平成30年8月31日(金曜日)まで

平成30年度水質パトロール隊募集

小中学生を中心としたグループから、身近な川の汚れ具合や水辺の生き物を調査した結果をレポートなどにまとめて提出してもらい、県で審査のうえ、優秀な取組を行ったグループに対し、知事表彰等を行います。

対象

尾張旭市にお住いの小中学生のグループ(成人の指導者1名以上が必要)

応募方法

下記参加申込書に必要事項を記入のうえ、郵送、FAX、Eメールにより、愛知県環境部水大気環境課生活環境地盤対策室又は尾張旭市環境課へお申し込みください。

募集期間

平成30年7月31日(火曜日)まで

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民生活部環境課環境保全係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8136