ホーム > 暮らしのガイド > 消防 > お知らせ > 救命ボランティアを募集します!

ここから本文です。

更新日:2022年11月9日

救命ボランティアを募集します!

消防本部では、市内すべてのコンビニエンスストアへのAEDの設置や市内小中学校での応急手当講習24時間AEDステッカーの実施など「いつでも・だれでもAEDが使える環境の整備」を進めています。

平成29年1月から市内に設置されたAEDを有効に活用し、突然心臓がとまってしまった方の命を救うため、119番通報とスマートフォンアプリを連携させ、現場付近に居合わせた救命ボランティアが、AEDを持って駆けつける新たな取り組みを京都大学と関連企業と共同し実施しています。

これまで消防職員、消防団員、婦人消防クラブ員、市職員に加えて100名の市民の皆様に参加いただいております。今年度も広く市民の皆様から募集します。

救命ボランティアの活動概要

市民が命を守りあう安全安心なまち尾張旭を目指しましょう!

救命ボランティア活動イメージ1.心肺停止傷病者の発生

2.付近にいた人が119番通報

3.消防指令センターが119番通報を受信し救急車を出動

4.消防指令センターは、アプリで「救助指令」を通知

5.「救助指令」を受信し、近くの施設にAEDを取りに急行

6.AEDを持って救命現場に駆けつけ

7.救急車が到着するまでAEDを使用し救命活動を実施

救命ボランティアの紹介動画

救命ボランティアの参加要件

以下2つの要件を満たす方は救命ボランティアに参加することができます。AEDあさぴー

  1. 市内在住・在勤・在学の満20歳以上の方
  2. スマートフォンをお持ちの方(OS:iOS9.0以降、Android4.4以降のもの)
  3. 過去に応急手当講習(上級救命講習、普通救命講習、救命入門コース)を受講しいる方

市が開催する救命ボランティア講習会を受講していただき、半年毎にe-ラーニングを活用した再講習を受講していただきます。(講習会の内容は、個人情報の取り扱いについてなどです)

次回開催する救命ボランティア講習会

救命ボランティアの登録に必要な講習会を開催します。

第14回救命ボランティア講習会

日時:令和5年3月上旬頃

方法:消防署2階講堂

条件:スマートフォン

定員:40名(先着順)

募集期間:令和5年1月上旬頃から募集開始予定

その他:市内の新型コロナウイルス感染状況によりオンライン開催となる場合もあります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

消防本部消防総務課消防整備係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0860