ホーム > 暮らしのガイド > 消防 > お知らせ > 応急手当(救命講習)

ここから本文です。

更新日:2017年11月2日

応急手当(救命講習)

<救命講習1の定期開催>

普通救命講習1を定期開催しています!(定期救命講習)

毎月第三日曜日の午前中に開催予定、開催日は都合により変更する場合があります。

申し込みの際に、ご確認ください。

 

<各講習の内容>

各種講習

講習時間

修了証などの交付

申込人数

講習内容

救命入門コース

90分


45分

救命入門コースの参加証

5~36名

(おおむね)

1.応急手当の重要性
2.胸骨圧迫とAEDの取扱い

応急手当WEB講習
(e-ラーニング)

約1時間

受講証明書

ご自宅

応急手当の重要性

2時間

普通救命講習1の修了証

5~36名

(おおむね)

1.成人の心肺蘇生法
2.大出血時の手当

普通救命講習1

3時間

普通救命講習1の修了証

5~36名

(おおむね)

1.応急手当の重要性
2.成人の心肺蘇生法
3.大出血時の手当

普通救命講習2

4時間

尾張旭市では現在実施しておりません。

普通救命講習3

3時間

普通救命講習3の修了証

5~18名

(おおむね)

1.応急手当の重要性
2.小児・乳児・新生児の心肺蘇生法
3.大出血時の手当

上級救命講習

8時間

上級救命講習の修了証

~20名

 

1.応急手当の重要性
2.成人・小児・乳児・新生児の心肺蘇生法
3.大出血時の手当
4.知識の確認、実技の評価
5.傷病者管理法、外傷の手当要領、搬送法

注:救命講習の数字は、正しくはローマ数字です。

 

救命講習の風景

<申込みについて>
■講習条件:市内在住・在勤または在学で10歳以上のかた
(定期救命講習以外は5名以上で開催可能)
■講習料金:無料
■講習場所:消防署、又は準備していただいた会場への出向可能
■講習日時:希望日にて調整可能(電話にてご確認ください)
■申込期限:前日までとします。
■その他:上級救命講習は、年1回9月に開催しています。詳しくは広報おわりあさひ8月15日号を参照してください。
■記念品:定期救命講習参加者には修了証と記念品(数に限りがあります)をお渡しします。
■申込用紙:下からダウンロードしてください。

 

申請書ダウンロード


AEDについて

AED写真


AEDとは

AED設置場所

 

心肺蘇生法

心肺蘇生について


突然意識がなくなって、呼吸ができなくなり、
心臓が止まってしまうなどの生命の危険を伴うケガや病気の場合
救急車が来るまでに何らかの処置をしないと大切な命は助かりません。

何も処置をしなければ、呼吸が止まってから約10分、
心臓が止まってから約3分で50%もの人が死亡してしまうのです。
(救急車が覚知(119番通報)から現場に到着するまでに全国平均で約8.5分(平成25年)かかります。)


1.心肺停止の予防
2.早期認識と通報
3.一次救命処置(心肺蘇生法やAED)
4.二次救命処置(医療機関での医療処置や心拍再開後の集中治療)
が、スムーズに連携される”救命の連鎖”が大切です。
その第1走者であるあなたが救命のカギを握っているのです。


ページの先頭へ戻る

心肺蘇生法の手順(成人)

1.反応を確認する

1.反応を確認する

「大丈夫ですか?」などと呼びかけながら
軽く両肩をたたき
反応があるかないかをみます。

2.助けを呼ぶ

2.助けを呼ぶ

「あなたは119番に通報してください。」
「あなたはAEDを持ってきてください。」

周囲に人がなければ自分で119番通報を行ってください。

3.呼吸の確認

3.呼吸の確認

10秒以内で胸や腹部の上がり下がりを見て
普段どおりの呼吸をしているか判断します。
無いもしくは分からない場合は”呼吸なし”(=心肺停止)と判断します

4.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

4.胸骨圧迫(心臓マッサージ)

胸の真ん中を重ねた両手で(肘を伸ばし、真上から)圧迫の深さが約5cm沈む程度とし、6cmを超えないように圧迫します。
1分間あたり100~120回の速さで30回圧迫します(圧迫したらしっかり戻します)
”強く!早く!絶え間なく!”

5.気道の確保

5.気道の確保

額に手を当て
もう一方の手の人差し指・中指をあご先に当て
頭を後ろにそらせ
あご先を上げます。

6.人工呼吸

6.人工呼吸

気道確保をしたまま、額に当てた手で鼻をつまみます。
大きく口を開けて傷病者の口をおおいます。
吹き込み1回に1秒かけ胸が少し膨らむ程度に
息を2回吹き込みます。救急車かAEDが到着するまで
胸骨圧迫を30回、人工呼吸2回の割合で繰り返します

7.AEDによる早期除細動(電気ショック)

7.AEDによる早期除細動(電気ショック)

AEDが到着したらすぐに電源を入れ、AEDの指示に従います。
終了後すぐに胸骨圧迫、人工呼吸を実施します。

お問い合わせ

消防本部消防署救急係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0885