ホーム > あさひフォトレポート

ここから本文です。

更新日:2017年6月12日

あさひフォトレポート

民生委員制度創設100周年記念大会

民生委員制度創設100周年記念大会10月29日(日曜日)午後1時から文化会館で民生委員制度創設100周年記念大会が行われ、民生委員など、約200人が参加。
式典では、信条の唱和、顕彰、民生委員の歌「花咲く郷土」の斉唱などが行われました。
また、記念講演では、テレビでも活躍する西川ヘレン氏による講演「大家族、支え愛、見守り愛、励まし愛」が行われました。

苗木のスクールステイ

平成29年度苗木のスクールステイ城山小70回全国植樹祭の記念事業として、昨年度に引き続き市内全小・中学校で植樹祭で使用する苗木を育てる「苗木のスクールステイ」を実施します。
日の10月12日には城山小、渋川小で行われ、城山小では4~6年生の児童40人が園芸用ポットに土を入れ、指で穴をつくり、ドングリを植え付けました。

交通少年団が高齢者と交流、交通安全を啓発

平成29年9月3日交通少年団が高齢者施設を訪問9月3日(日曜日)に、交通少年団13人が市内の高齢者施設「ケアハウスカトレア」を訪問し、一緒に玉入れゲームをしたり、歌を歌ったりして交流しました。
最後は簡単に覚えることができ、行動に移しやすい語呂合わせ「交通安全のま(待つ)・み(見る)・む(無理をしない)・め(目立つ)・も(もしかして)」を高齢者にお願いし、折り紙の鶴とお手紙を手渡しました。

中学生海外研修出発式

平成29年度中学生海外研修出発式外国の生活や文化などを体験し、幅広い視野と国際感覚を育むことを目的とする中学生海外研修。
8月2日には市役所で出発式が行われ、研修に参加する中学3年生12人が参加しました。
出発式では研修生徒を代表し、東中の奈波胡桃さんが抱負を話し、元気に出発していきました。
なお、研修は8月11日までオーストラリアのウィットルシー市で実施されます。

阿武松(おおのまつ)親方らが市長を表敬訪問

平成29年度阿武松部屋表敬訪問6月26日(月曜日)に大相撲名古屋場所に向け、市内に宿舎を構える阿武松部屋の阿武松親方(元関脇:益荒雄)、阿武咲関(おおのしょう:西前頭6枚目)らが市役所を訪れ、水野義則市長にあいさつをしました。阿武咲関は「一番一番集中して、魂の入った相撲をとっていきたい。」と力強く話してくれました。

キャラクターフェスティバルで本市をPR

平成29年度キャラクターフェスティバル6月11日にモリコロパークで「キャラクターフェスティバル」が開催され、午前中のステージに本市のイメージキャラクター「あさぴー」が出演し、あさぴークイズを通して市をPRしました。
また、ステージ後も会場を訪れた多くのかたやキャラクターと記念撮影しました。

全日本うまいもの祭り2017で本市をPR

うまいもの祭り20174月29日から5月7日までモリコロパークで「うまいもの祭り」が開催され、3日のご当地キャラステージには本市のイメージキャラクター「あさぴー」が出演し、パフォーマンスなどを通して市をPRしました。
また、ステージ後には会場を訪れた多くのかたと記念撮影も行いました。

城山公園さくらまつり

城山公園さくら4月1日から始まった城山公園さくらまつり。1日と2日には、ステージや特産品の販売、茶会など、会場内でさまざまなイベントが開催され、多くの来場者でにぎわいました。
さくらまつりは、4月10日月曜日まで開催され、期間中は夜桜のライトアップや、小学生以下のおこさんを対象に、写生大会も開催されます。写生大会の画用紙は、スカイワードあさひ、市役所産業課で配布しています。



さくらまつりイベント












平成29年度新規採用職員に辞令交付

平成29年度新規採用職員平成29年度の新規採用職員辞令交付式が行われ、34人の新規採用職員に辞令が交付されました。
水野市長からは「市民のために、を念頭に全力で職務に当たってください。今の新しい気持ちで、積極的に良い改善案も提案してほしい。」などの訓示があり、新規採用職員たちは、真剣な面持ちで耳を傾けていました。






東日本大震災被災自治体へ職員を派遣

被災地へ職員派遣東日本大震災の被災自治体への職員派遣として、福島県相馬市に1名を派遣することとなりました。
尾張旭市では、平成24年6月から平成29年3月まで、福島県三春町へ保健師、土木技師、事務職などの職員を派遣してきました。
相馬市への派遣期間は、平成29年4月1日から1年間で、沿岸地域の道路用地取得に関する業務などを担当する予定です。
水野市長は「市の代表として頑張ってほしい。体調に留意してください。」と激励しました。

市役所1階ロビーに「健康都市コーナー」

健康都市コーナー「健康都市尾張旭市」をもっと知ってもらおうと、市役所1階ロビーに健康都市コーナーを設置しました。
コーナーには、健康都市の理念や目的、尾張旭市の取り組みを紹介するパネルを掲示しているほか、これまでに健康都市連合国際大会で尾張旭市が受賞した際に授与された、たてや写真などを飾った展示ケースを設置しています。
尾張旭市は、2020年まで日本支部代表として健康都市連合の理事に就任しています。

第22回生涯学習フェスティバルオープニングイベント

名芸男子コンサート2月18日、生涯学習フェスティバルのオープニングイベントが開催されました。
第1部では、名芸男子MGDによる、オペラをはじめとするアニメソングやコントを交えたコンサートが行われました。第2部の男女共同参画フォーラムでは、桂花團治さんの落語による面白く楽しい講演が行われ、会場からは笑いと拍手が起こっていました。

空手道全国大会出場選手が市長を表敬訪問

出場選手と市長3月に埼玉県で開催される第11回全国中学生空手道選抜大会に出場する中学生2人が市長を訪問し、健闘を誓いました。
同じ道場に通う2人は、いずれも組手の部に出場します。
大会では、1試合でも多く勝ち進みたいと話す2人に、水野市長は「ベスト8以上を目指して頑張ってください。」と激励しました。

 

スカイワードあさひ天体観測室リニューアルイベント

天体観測広場で金星を見る子ども2月4日、スカイワードあさひ天体観測室と市民情報フロアのリニューアルを記念し、イベントが開催されました。
名芸男子MGDの歌声で始まったイベントは、第1部では、兵庫県明石市立天文科学館から「ブラック星博士」を招き、駄じゃれを交えたクイズと星空解説が行われ、会場は大いに盛り上がりました。
第2部は、天体観測室「星の広場」で金星を見るイベントを開催。多くの親子連れなどでにぎわっていました。

 

市民ジョギング大会

市民ジョギング大会1月29日、森林公園植物園で市民ジョギング大会が開催されました。
2,000人を超える参加者らは、0.7キロメートル、2キロメートル、5キロメートル、10キロメートルの4つのコースに分かれ、スタートすると、寒風の中、思い思いのペースで会場内を駆け抜けました。

廣瀬誠さん道徳講演会

20170116道徳講演会1月16日、瑞鳳小学校で、リオパラリンピック男子柔道60kg級の銀メダリスト、廣瀬誠さんを迎えて道徳講演会が開催されました。
講演会で廣瀬さんは「好きな事を一生懸命続けてください。辛さを乗り越えればより強く上手くなれます。」と話し、また「「ありがとう」の反対は「当たり前」で、これまで当たり前だと思っていたことが実はありがとうだった。皆さんも自分を支えてくれる周りの人を大切にしてください。人を大切に出来る人は周りからも大切にしてもらえます。夢に向かって頑張って」と語りかけました。

 

平成29年消防出初め式

平成29年消防出初め式1月8日、旭中学校校庭で行われ、関係者など約300人と車両18台が参加しました。
婦人消防クラブの応急手当訓練や、消防団員の階梯操法、消防職員による救助訓練などが披露されると、見学に訪れたかたから大きな拍手が起こっていました。

ご来光を見よう

ご来光を見よう20171月1日、スカイワードあさひ展望室で、「ご来光を見よう」が開催されました。
新しい年を迎え、初日の出を見ようと多くのかたが訪れました。
日の出とともに空が明るくなり、山際に太陽が顔をのぞかせると、歓声が上がりました。

尾張旭森林マラソン2016

尾張旭森林マラソン201612月4日(日曜日)、愛知県森林公園の植物園内を走るマラソン大会を開催しました。
フルマラソン、ハーフマラソンの2コースに分かれ、紅葉の美しいコントラストのなか、市内外から多くのランナーが参加。
会場では、開閉会式、表彰式のほか、特産品などの販売も行われました。

尾張旭市農業まつり

農業まつり実りの秋を楽しむ農業まつりが11月27日(日曜日)にスカイワードあさひで開催されました。
農産物の展示・品評会では、市内の生産者をはじめ、家庭菜園などで野菜づくりなどを行うかたから、ハクサイ、大根、ニンジン、柿、みかんなど、丹精して栽培された野菜や果物が出品されました。
会場では、長野県阿智村、奥三河設楽町などの特産品の販売も行われ、多くの来場者でにぎわいました。

第31回国民文化祭2016市民文化祭

市民展10月30日から11月6日まで、市民文化祭が開催されました。10月30日のオープニングフェスティバルを皮切りに、市民展(10月30日~11月6日)、市民芸能発表大会(11月3日)、市民音楽祭(11月6日)が開催され、各会場ではさまざまな作品展示や発表があり、多くの来場者でにぎわいました。

 

 

 

 

市民芸能発表大会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民音楽祭


平成28年度栄養関係功労者厚生労働大臣表彰を受賞

厚生労働大臣表彰受賞10月28日に、平成28年度栄養関係功労者(食生活改善事業功労者・地区組織)に対する厚生労働大臣表彰を受けた、尾張旭市健康づくり食生活改善協議会のメンバーが10月31日に市役所を訪れ、喜びを語りました。尾張旭市健康づくり食生活改善行議会は、平成9年3月の設立以来、地域に根差した活動を続けており、現在は男性、親子、子どもを対象とした料理教室や、保育園での巡回食育教室、障がい者の自立支援のための料理教室のほか、市広報誌でのレシピの掲載などの活動をしています。

 

園原の里で「お出かけウォーキング」

お出かけウォーキング10月29日、市の保養センターがある長野県阿智村で「お出かけウォーキング」を開催しました。阿智村では、園原の里コース約4キロメートルを現地のボランティアから、「駒つなぎの桜」や「ははき木」など昔の言い伝えなどのガイドを受けながら約2時間かけて歩きました。また、午後からは2本のポールを使うノルディックウォーキングの講習会もあり、色づき始めた景色の中を気持ちよく歩いていました。

安全なまちづくり活動愛知県知事から感謝状を受賞

愛知県知事感謝状受賞報告10月18日に、愛知県知事感謝状を受賞した、東栄校区自主防犯パトロール隊と平子東・長池上防犯パトロール隊の代表者が、10月25日に市役所を訪れ、喜びを語りました。今回受賞した2つのパトロール隊は、青パト車によるパトロールや犯罪抑止活動を積極的に行い、地域の防犯意識を高め、犯罪を起こさせない環境づくりをしています。

 

おいしい紅茶をPR「紅茶フェスティバルin尾張旭」

紅茶フェスティバル10月23日、スカイワードあさひで開催されました。
おいしい紅茶のまち尾張旭市で開催するこのイベントも今年で5回目となり、会場ではおいしい紅茶の入れ方を学ぶ「紅茶セミナー」、製茶体験のほか、世界と日本の紅茶バザール、ブラジルなど10カ国の紅茶の試飲などもあり、多くの来場者でにぎわいました。

還付金詐欺防止キャンペーン

還付金詐欺防止キャンペーン10月20日、市役所正面玄関で市職員、守山警察署員が来庁舎に還付金詐欺などの防止を呼び掛けるキャンペーンを行いました。
これは、秋の安全なまちづくり運動(10月11日~20日)の一環で行うキャンペーンで、市職員、警察署員は「還付金はATMでは受け取れません」「還付金の電話があったら、手続きの前に関係機関に確認してください」などの予防策を声掛けしました。

尾張旭市民祭を開催

市民祭201610月8日、9日の2日間、城山公園一帯で、市民祭を開催しました。
ゴスペルのコーラスでスタートした市民祭。イベントステージでは、男性チアパフォーマンスのほか、ざい踊り、ローカルヒーローショー、ダンスなど、城山野球場では、ミニSL号の体験試乗など、会場内ではさまざまな催し物があり、多くのかたが訪れていました。
その他、10月8日には、尾張旭駅前で「尾張旭駅前にぎわいフェスタ」、消防本部で「消防ひろば」も開催されました。

岐阜聖徳学園大学との連携協力協定を締結

協定締結式9月23日、本市教育委員会と岐阜聖徳学園大学とは、相互の持つ機能を活用し、教育活動を活性化しようと、連携協力に関する協定を締結しました。
教職員の資質向上のため、大学から講師を派遣してもらったり、学生のインターンシップへの協力をしたりなど、教育の現場でのさまざまな連携が期待されます。

力作がずらり「高齢者趣味の作品展」

高齢者趣味の作品展9月17日、18日の2日間、スカイワードあさひで開催されました。
会場には、俳句や短歌、絵画や写真、書のほか、風景や花をさまざまな色の布で表したきめ込みなど、どれも出展者の力作約300点が並びました。

見て聞いて学ぶ下水道のしくみ

実験の様子9月10日の「下水道の日」に合わせ、私たちの生活に欠かせない下水道について知ってもらおうと開催し、親子など28人が参加しました。
会場の東部浄化センターでは、下水道の役割などについてビデオ鑑賞した後、下水処理施設の見学のほか、水の汚れ具合を確認する実験や顕微鏡で微生物の観察などをしました。

第5回尾張旭たのしい夏まつり

第5回尾張旭たのしい夏まつり8月27日、スカイワードあさひと城山公園一帯で開催されました。
会場内では、ダンスや和太鼓、子ども縁日、ミニSL乗車体験など、さまざまな催しが行われました。
夕方からは、城山野球場内で大盆踊り大会が開催され、幾重にも踊りの輪が作られました。
そして、尾張旭市出身の津軽三味線奏者の岡野兄弟と徳丸大将のピアノのユニット「陽影月HIKAGETSU(ひかげつ)」による演奏でフィナーレを飾りました。

尾張旭市産の米粉を使ってクレープ作り

米粉クレープ作り8月8日(月曜日)、新池交流館ふらっとで、農政講座が開かれました。
講座では、尾張旭市産のお米や野菜を使って「米粉クレープ」や「米粉グラタン」などを作りました。

剣道全国大会出場選手が市長を表敬訪問

全国道場少年剣道大会表敬訪問7月27日(水曜日)に日本武道館で開催される第51回全国道場少年剣道大会の中学生団体試合に出場する選手2人が市長を訪問し、大会での活躍を誓いました。

2人が所属する久田剣道場は愛知県道場少年剣道大会を勝ち抜き、全国大会の出場権を獲得。市内の中学校に通う2人は学校の剣道部で練習をしながらも、道場に通い、日々腕を磨いてきました。

水野市長は「必ずチャンスがあるので、まずは決勝トーナメントを目指して頑張ってください」と激励の言葉を贈りました。

田んぼアート田植え

田んぼアート田植え6月18日(土曜日)、城前町の水田で毎年恒例の田んぼアートの田植えが行われました。4種類の苗を植えて、水田全面をキャンバスに大きなあさぴーの絵を描きます。

今年は、4月に発生した熊本地震で被災されたかたへのメッセージを込めて、熊本県キャラクター「くまもん」とあさぴーのデザイン。

田んぼアートは7月上旬から絵柄がはっきりと見ることができます。

第63回市民体育大会総合開会式

市民体育大会総合開会式5月15日(日曜日)、文化会館ホールで、「第63回市民体育大会総合開会式」が開催され、22種目、約730人の選手や関係者が参加しました。
選手宣誓では、市のイメージキャラクター「あさぴー」も登場し、選手代表の力強い選手宣誓が行われました。
市民体育大会は、総合体育館のほか、市内の体育施設で10月まで行われます。

市役所ロビーに「天神川博物館」

天神川博物館市立渋川小学校の4年生が、総合学習として、学校の北側を流れる「天神川」を取り上げ、長期間にわたって水質や生き物の調査、スケッチなど、幅広い分野の学習を行いました。
これらの取り組みが高く評価され、昨年末には、愛知県の水質パトロール隊事業の特別賞を受賞。
市役所ロビーでは、学習結果を展示する「天神川博物館」を設置しています(3月18日(金曜日)まで)。

ASEAN諸国の自治体職員が本市を視察

平成28年2月3日ASEAN諸国視察2月3日(水曜日)にNGO健康都市活動支援機構が実施する視察研修で、ASEAN諸国4カ国5都市の自治体職員など10人が本市を訪れました。
視察研修のテーマは「食」。
給食センターを見学後、昼食は城山小学校の児童と一緒に給食を食べ、交流しました。
午後からは尾張旭市健康づくり食生活改善協議会の皆さんと活動内容について活発な意見交換を行いました。

尾張旭市民合唱団第10回ニューイヤーコンサート

第10回ニューイヤーコンサート1月16日(土曜日)に文化会館で尾張旭市民合唱団第10回ニューイヤーコンサートが開催されました。
市民合唱団は10回を記念して、初めてミュージカル「ラ・マンチャの男」に挑戦。
団員はミュージカルの衣装に身を包み、岩川均さんの演技に合わせ、振り付けを交えながら多彩な合唱を披露し、会場を魅了していました。
ミュージカル終了後には、訪れた約800人の市民らから盛大な拍手が送られていました。

消防出初め式

平成28年出初め式1月10日(日曜日)に旭中学校で新春恒例の消防出初め式が開催されました。消防職員、消防団、婦人消防クラブ、自衛消防隊、少年少女消防団などの消防関係者330人が参加し、応急手当訓練や階梯操法、救助訓練が実演されました。

尾張旭森林マラソン2015

尾張旭森林マラソン201512月6日(日曜日)に森林公園で尾張旭森林マラソン2015が開催されました。主催は尾張旭森林マラソン実行委員会、一般社団法人尾張旭青年会議所。市内外から605人が参加しました。
ランナーたちは公園内の豊かな緑の中を力強く駆け抜け、観客からは「がんばれ!」と声援が送られていました。

尾張旭市農業まつり

2015農業まつり実りの秋を楽しむ「農業まつり」をスカイワードあさひで開催。
農産物の展示・品評会では、市内の生産者から、ハクサイ、チンゲンサイ、大根、ニンジン、柿など丹精して育てた野菜や果物469点が出品され、受賞者が表彰されました。
また、農産物の即売会では、お値打ちで新鮮な野菜を求める多くの市民が長い列を作っていました。

尾張旭市PRポスターを作成

定住促進PRポスター若い夫婦、子育て世代を対象に尾張旭市の「住みよいまち」のイメージをPRし、移住先として検討してもらうため、尾張旭市PRポスター(JPG:137KB)を作成しました。
10月15日~11月25日の期間中、名鉄瀬戸線全車両の連結部分横のスペースにポスターを掲示しています。

8020運動表彰式

平成27年度8020運動表彰式80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという8020運動。
20本以上の歯があれば、おいしく食事ができると言われており「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めて始まりました。本年度は92人のかたを表彰しました。

クラシックカーフェスタin張旭2015

クラシックカーフェスタ20151930~1970年代の車がスカイワードあさひに集結。
「あっ!知ってる」という往年の名車から「初めて見た」という珍しい車まで100台近いクラシックカーが出展され、会場には多くの車好きが集まりました。
また、スカイワードあさひイベントステージ側の広場では、バイクや自転車が並び、同じ趣味を持った人同士の情報交換や写真撮影が行われました。

第4回尾張旭たのしい夏まつり

第4回尾張旭たのしい夏まつり年に1度の尾張旭市最大の夏まつりを開催。
会場の城山公園では、和太鼓・バンド演奏、ダンスなどのステージやバザー、子ども向けの縁日などさまざまな催しが行われ、来場者を楽しませていました。

また、夕方から毎年恒例の大盆踊り大会が始まり、子どもから大人まで多くのかたが参加し、太鼓のリズムに合わせて踊りました。

フィナーレには、日本初のプロ阿波踊り集団「寶船(たからぶね)」が登場。雨の降るなか、熱気と迫力のあるパフォーマンスでお祭りを締めくくりました。

創作折紙・切り絵展

平成27年度創作折紙・切り絵展9月6日(日曜日)までスカイワードあさひで創作折紙と切り絵の合同企画展を開催。

創作折紙には干支や昆虫のほか、紙の表裏やデザインを巧みに利用した恐竜、切り絵には色紙を使った色鮮やかな花などの作品が並び、会場を訪れたかたを楽しませていました。

入場無料です。ぜひご覧ください。

瑞鳳小学校気と水のない生活体験

避難所体験大地震が発生し、電気・ガス・水道などのライフラインが停止した場合の避難所生活を体験。ごみ箱や段ボールを使った簡易トイレの作成やバケツを使った水洗トイレの水の流し方など、体験型の講習を行いました。
講習では、児童・保護者が協力して、簡易トイレの強度を上げる方法や排泄物を凝固剤で固める方法などを学びました。

あさぴー田んぼアートが見ごろ

あさぴー田んぼアート城前町の田んぼを使ってイラストを描くあさぴー田んぼアート。今年は市制45周年と名鉄瀬戸線の開通110周年を記念したあさぴーと瀬戸電のコラボデザインで、見ごろはこれから8月末ごろまで。
旭城4階の展望室からの景色がお勧めです。

阿武松(おおのまつ)親方らが市長を表敬訪問

阿武松部屋表敬訪問6月29日(月曜日)に大相撲名古屋場所に向け、市内に宿舎を構える阿武松部屋の阿武松親方(元関脇:益荒雄)、阿夢露関(あむうる:西前頭10枚目)、阿武咲関(おおのしょう:東十両8枚目)、大道関(だいどう:東十両11枚目)らが市役所を訪れ、水野義則市長にあいさつをしました。阿夢露関が「必ず勝ち越します。」と話すなどそれぞれ力強く語りました。

 

市民プール料開放&着衣泳教室

27着衣泳7月1日(水曜日)からの開場を前に市民プールの無料開放を行い、親子連れや小学生など合計700人が訪れました。
また、夏休みシーズンを前に水難事故に遭った際などの適切な対応を学ぶ着衣泳教室を開催。服を着たまま水に浮くコツやペットボトルを浮き具にする方法を学びました。

平成27年度張旭市消防団観閲式

27観閲式消防団及び婦人消防クラブ、少年少女消防団の団員、クラブ員の士気向上と併せ、市民の信頼と認識を深めることを目的に観閲式を開催。
団員、クラブ員のほか、来賓や来場者などを合わせ約370人が参加し、視閲、分列行進、実戦消防訓練などが行われました。
観閲式の最後は各消防団の団員による一斉放水で締めくくられました。

あさひ景観フォトサロンくらの写真を展示中

H27あさひ景観フォトサロンさくらまもなく訪れるさくらシーズンを前に、市内で撮影された”撮っても”いいさくらの写真を市役所1階ロビーで紹介しています。

展示期間は平成27年4月2日(木曜日)まで。

 

お問い合わせ

企画部情報課広報係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8106

 

イベントカレンダー

2017年

12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31