ホーム > よくある質問 > 消防 > 一般家庭に消火器を置く必要がありますか。

ここから本文です。

更新日:2021年12月15日

一般家庭に消火器を置く必要がありますか。

  • 一般の家庭には消火器を置く義務はありません。
    訪問販売で「一般家庭にも設置(または、薬剤の詰め替え)義務がある。」とか、「消防署から来た。」と言って売りつけるケースがあるようですが、設置義務も点検(詰め替え)義務もありません。また、消防署員が消火器を売るようなことは一切ありません。
  • 消火器は、いざという時には頼もしい味方です。防災業者等など安心できるところで購入するとよいでしょう。
  • 消火器には強い圧力がかかります。安全のため3~5年を目安に防災業者等による点検(または詰め替え)をおすすめします。また、日頃から消火器本体の外観にキズやサビなどが無いか目視での点検をすることもおすすめします。
  • メーカーの保証期間(製造から8年位が多い)にもご留意ください。

お問い合わせ

消防本部予防課予防査察係

尾張旭市東大道町曽我廻間2301-1

電話番号:0561-51-0352