ホーム > 税金 > ふるさと寄附金(納税)を支払いました。市・県民税の寄附金控除について教えてください。

ここから本文です。

更新日:2016年5月31日

ふるさと寄附金(納税)を支払いました。市・県民税の寄附金控除について教えてください。

寄附金控除について

県や市町村などの自治体へ寄附(ふるさと納税)を行うと、寄附総額のうち2,000円を超える部分についてその年分の所得税と翌年度分の市・県民税から、市・県民税所得割額の概ね2割を上限として控除されます。

ふるさと寄附金(納税)制度のご案内(PDF:220KB)

ふるさと納税・尾張旭まちづくり応援寄附金のご案内

手続きについて

寄附金控除を受けるためには、寄附を行った際の領収書等を添付して所得税の確定申告や市・県民税申告を行っていただく必要があります。

確定申告書等作成コーナー

ただし、確定申告が不要な給与所得者等に限り、これらの手続きを省略することができます(ワンストップ特例制度)。

ワンストップ特例を受けるためには

寄附先の自治体に申告特例申請書を提出する必要があります。

ワンストップ特例を受けることができる方

以下の条件を全て満たす方が対象となります。

(1)給与所得者等確定申告や市・県民税申告を行わない方
(2)ふるさと納税を行う自治体数が5つ以内である方

ただし、医療費控除を受けるなど、確定申告や市・県民税申告を行う場合は、特例申請を行っていてもふるさと納税の寄附金控除を含めて申告する必要があります。

ワンストップ特例が非該当となる旨の通知が届いた方

特例申請をした方が、実際は特例申請に基づく控除が適用されない方だと判明した場合は、非該当となる旨の通知が届きます。この通知が届いた方は寄附金控除額が無効となりますので、改めて確定申告や市・県民税申告をする必要があります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課市民税係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8117