ホーム > 税金 > 年の途中で土地や家屋を売買したり、家屋を取り壊したりしたときの固定資産税は誰に課税されますか?

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

年の途中で土地や家屋を売買したり、家屋を取り壊したりしたときの固定資産税は誰に課税されますか?

固定資産税は毎年1月1日現在に登記簿に所有者として登記されている方に課税されるため、年の途中で土地や家屋を売ったり、家屋を取り壊してもその年度の税金は1月1日現在の所有者に全額課税されます。

その逆に年の途中で土地や家屋を買ったり、新築しても翌年度からの課税となります。

ただ、実際に誰が支払うのかは、私法上の問題であるため契約時に当事者間で決められるのが一般的です。

お問い合わせ

総務部税務課土地係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8118

総務部税務課家屋償却係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8119