ホーム > 税金 > 固定資産(土地・家屋)の所有者が死亡した場合はどうなりますか?

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

固定資産(土地・家屋)の所有者が死亡した場合はどうなりますか?

土地・家屋について納税義務者の方が死亡された時は、相続人の方が納税義務を引き継ぐことになります。

正式な名義変更は、法務局での相続登記の手続きとなりますが、毎年12月末までに相続登記がお済みでない場合は、「固定資産現所有者届」により相続人の代表者を決めていただき、その届けに基づいて、代表者の方に納税通知書等を送付いたします。

なお、亡くなった納税義務者の方が口座振替を利用されていた場合は、口座振替ができなくなることがありますので、収納課にて口座の手続きをお願いします。

お問い合わせ

総務部税務課土地係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8118