ホーム > 税金 > 固定資産税路線価と相続税路線価はどう違いますか?

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

固定資産税路線価と相続税路線価はどう違いますか?

公的土地評価について相互の均衡と適正化が図られるように努めるという土地基本法の趣旨等と踏まえ、相続税については地価公示価格の8割程度を、固定資産税においては同じく7割程度をそれぞれ目途に評価を行っています。

ただし、相続税は税務署が、固定資産税は市町村がそれぞれの目的に応じ、それぞれの制度に基づいて路線価を算定しており、その価格時点や算出方法も異なることから、必ずしも8対7の関係が成立するものではありませんが、それぞれの評価の適正化を推進し、均衡を確保するために、税務署と市町村の相互協力と情報交換を行っています。

お問い合わせ

総務部税務課土地係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8118