ホーム > 税金 > 家屋は年々古くなるのに、なぜ固定資産税が下がらないのですか?

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

家屋は年々古くなるのに、なぜ固定資産税が下がらないのですか?

家屋は原則として3年ごとに評価替え(評価額の見直し)を行います。

評価替えは、同一の家屋をその場所に建てた場合に必要とされる建築費(以下再建築価格という)に年数の経過によって生ずる損耗による減価率(以下経年減点補正率という)を乗じて、評価額を計算しますが、再建築価格は、建築物価の変動部分を考慮しています。

したがって、経年減点補正率より建築物価の上昇率のほうが高い場合は、評価額が前年度より上がりますが、その場合は前年度の評価額に据え置かれます。

また、一定の年数(家屋の構造や用途によって異なる)を経過すると、経年減点補正率は0.2まで下がりますが、それ以降の評価額はほとんど下がらなくなります。

お問い合わせ

総務部税務課家屋償却係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8119