ホーム > 改元に伴う文書の取扱いについて

ここから本文です。

更新日:2019年5月1日

改元に伴う文書の取扱いについて

尾張旭市から発送する文書の年表示は、従来から「元号」を使用しています。

改元日である5月1日に「元号を改める政令」が施行され、以降は元号が「令和」に改められます。

これに伴い、改元日以降に市から発送する文書は、新元号「令和」を用いた年表示となります。また、既に印刷により「平成」と印字されているものについては、原則として「平成」を二重線で抹消し、新元号「令和」に訂正します。

ただし、事務処理の都合上、改元日以降の年度や日付を「平成」で表示しているもの(納税通知書等)がありますが、旧元号「平成」で表示された文書等も法律上の効果は変わることはありませんので、有効なものとして取り扱います。

元号の修正のみを理由とした文書の再発行については、原則として行いませんので、改元日以降「平成」で表示されたものは、「令和」と読み替えていただきますよう、市民の皆様のご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ

総務部行政経営課法務文書係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8112