ホーム > 市の紹介 > 市の概要 > 瀬戸市との境界の変更

ここから本文です。

更新日:2017年4月12日

瀬戸市との境界の変更

平成29年4月1日付けで瀬戸市との境界が変更となりました。

変更となった理由

瀬戸市において、平成7年1月から実施されていた土地区画整理事業に併せ、市境の道路(都市計画道路瀬戸環状西部線)整備事業も実施され、平成19年5月に両事業が完了しましたが、当該道路を中心として行政界が入り組んだままとなっており、事業完了後の地形に合わせて、当該道路の西側を境界として変更するものです。

これまでの経緯

平成7年1月水野特定土地区画整理事業開始

平成9年6月尾張旭市区域内の一部を瀬戸市道(都市計画道路「瀬戸環状西部線」)とすることについて認定承諾(6月定例市議会議決)

平成10年6月瀬戸市と愛知県との土地交換(今回の該当区域)の覚書を締結

平成10年11月山手特定土地区画整理事業開始

平成16年3月山手特定土地区画整理事業完了

平成19年5月水野特定土地区画整理事業及び道路整備事業の完了

平成28年3月瀬戸市と愛知県との土地交換契約

市域が変更となる土地

今回の境界変更により、尾張旭市の面積は、登記面積で766平方メートル、実測面積で767.16平方メートル増加となります。

瀬戸市から尾張旭市に編入する区域

所在地

登記地目

登記面積

実測面積

瀬戸市やまて坂三丁目42

雑種地

144平方メートル

144.30平方メートル

瀬戸市やまて坂三丁目49

雑種地

701平方メートル

701.66平方メートル

瀬戸市みずの坂一丁目42

雑種地

72平方メートル

72.21平方メートル

瀬戸市みずの坂一丁目49

雑種地

3,455平方メートル

3,455.26平方メートル

瀬戸市みずの坂三丁目237

雑種地

4,463平方メートル

4,463.31平方メートル

瀬戸市みずの坂三丁目238

雑種地

996平方メートル

996.79平方メートル

 

9,831平方メートル

9,833.53平方メートル

尾張旭市から瀬戸市に編入する区域

所在地

登記地目

登記面積

実測面積

尾張旭市大字新居字海老蔓5182の1448

砂防地

433平方メートル

433.01平方メートル

尾張旭市大字新居字海老蔓5182の1449

砂防地

2,274平方メートル

2,274.04平方メートル

尾張旭市大字新居字海老蔓5182の1450

砂防地

112平方メートル

112.52平方メートル

尾張旭市大字新居字海老蔓5182の1451

砂防地

5,234平方メートル

5,234.05平方メートル

尾張旭市大字新居字海老蔓5182の1452

砂防地

1,012平方メートル

1,012.75平方メートル

 

9,065平方メートル

9,066.37平方メートル

 

⇒新旧境界図(PDF:1,232KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部財産経営課財産経営係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8114