ホーム > 市政情報 > オープンデータ > 7市町オープンデータ共通整備項目について

ここから本文です。

更新日:2017年8月25日

7市町オープンデータ共通整備項目について

7市町オープンデータ共通整備項目について

瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、みよし市、長久手市、東郷町の7市町では、平成28年度より「7市町オープンデータ検討会」を組織し、連携してオープンデータの整備を進めています。

【7市町連携オープンデータ推進に関する基本事項】(PDF:149KB)

この連携の一環として、7市町では二次利用者の利便性向上のため、以下の項目についてデータの項目名や並び順などを統一した共通形式により公開を進めています。

本市のデータは、各項目のリンク先に掲載しています。

7市町共通様式により公開されているデータは、以下のロゴマークを表示しています。

7市町オープンデータロゴマーク17市町オープンデータロゴマーク2

本ロゴマークは、名古屋大学大学院情報科学研究科修士2年(平成28年度当時)中根貴和(なかねたかかず)さんのデザインによるものです。

7市町オープンデータ検討会にオブザーバー参加いただいている名古屋大学大学院情報学研究科浦田真由先生のご協力によりご提案いただきました。

(中根さんのコメント)地図上に並ぶ7市町の形を単純化し、長方形を右上に向かって平行に並べることで、発展や共同をイメージしています。

7市町共通整備項目以外においても、各市町において順次オープンデータの整備を進めています。各市町の利用条件等を確認の上、ご活用ください。

尾張旭市オープンデータのページTOPへ

関連情報

(リンク先がない団体は整備中です。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部情報課

電話番号:0561-76-8107