ここから本文です。

更新日:2021年11月4日

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書について

「海外渡航の予定がある方」を対象に、新型コロナワクチンを「接種済み」であることを証明する新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(いわゆるワクチンパスポート)の発行を行います。

(新型コロナウイルス感染症予防接種証明書のイメージ)

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

対象者

海外渡航の予定があり、尾張旭市が発行した接種券(クーポン券)で接種を受けた方。

(注記)他の市区町村が発行した接種券を用いて接種を受けた分に係る証明書については、接種券を発行した市区町村へ申請してください。

申請方法

申請書に必要事項を記入し、必要書類と一緒に郵送してください。

申請後、10日間程度で返信用封筒により、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を送付します。

(お願い)窓口の混雑を避けるため、申請は郵送のみ受付します。原則、窓口での申請はできません。

(注記)12歳~15歳の方は、保護者の方から申請が必要です(この場合、委任状は不要です)

申請先

尾張旭市新型コロナコールセンター

〒488-0074張旭市新居町明才切57番地

電話0561-55-0911(午前9時~午後5時(11月以降は平日のみ))

必要書類

  1. 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書(クリックするとPDFで表示されます)
  2. 旅券(パスポート)の写し(下記、注意事項をご確認ください。)
  3. 接種券(接種済証)または接種記録書の写し
  4. 本人確認書類の写し(氏名と返送先住所が記載されたもの。運転免許証、健康保険証等)
  5. 返信用封筒(返送先の宛名を記載し、84円切手(長辺23.5cm以下、短辺12cm以下の定形郵便の場合)を貼付してください。)
  6. 【返送先住所が申請者の住民票に記載の住所でない場合】公共料金の請求書、消印のある郵便物の写し、社員証、在籍証明等の返送先の住所が申請者の居所であることが分かる書類
  7. 【代理人が申請する場合】委任者が自署した委任状(クリックするとPDFで表示されます)
  8. 【代理人が申請する場合】代理人の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等)

(注意1)旅券またはその写しの提示が困難な場合、また、旅券の有効期限が切れている場合は、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の発行ができません。

(注意2)旅券に旧姓・別姓・別名の記載がある場合は、これらが確認できる書類(旧姓併記された運転免許証やマイナンバーカード、戸籍謄・抄本等)の写しも提出してください。

手数料

無料(新型コロナウイルス感染症予防接種証明書の送付に係る郵送代は申請者がご負担ください。)

交付方法

申請後、10日間程度で返信用封筒により、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を送付します。

その他

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

尾張旭市新型コロナコールセンター(予約・相談)
電話番号:0561-55-0911