ホーム > 市政情報 > 監査 > 監査委員制度

ここから本文です。

更新日:2017年7月11日

監査委員制度

監査委員

監査委員とは、地方自治法第195条第1項の規定により、地方自治体に置かれることになっている独任制の執行機関であり、地方公共団体の財務に関する事務の施行及び経営に係る事業の管理の監査を基本的な職務としています。本市では、識見を有する者1名及び市議会議員から1名選任されています。

 

 

  区分 氏名 任期 コメント
識見委員 識見 長谷川博樹

平成28年2月1日から

平成32年1月31日まで

市の事務事業が公正で合理的かつ能

率的に行われているかを監査すると

ともに、その結果を公表することで

実効性を確保し、適正な行政運営に

資するよう努めて参ります。

gisen1 議選 若杉孝司

平成29年5月19日から

議員任期まで

監査委員に選出されたことは、誠に

光栄であり、精一杯頑張って参りま

す。重責ではありますが、最後まで

しっかり全うして参ります。

 

監査委員事務局

監査委員の職務を補助するため監査委員事務局が設置されており、事務局長始め3名の職員体制で事務を執行しています。(地方自治法第200条、尾張旭市監査委員条例)

 

お問い合わせ

監査委員事務局庶務係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8187