ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 第五次総合計画

ここから本文です。

更新日:2017年2月14日

第五次総合計画

総合計画とは

  • 総合計画とは、総合的かつ計画的に市政運営を図るための長期的なまちづくりの指針(計画)です。
  • 総合計画の期間は、平成26~35年度の10年間です。
  • 総合計画には、将来の都市像や計画人口、市の施策の体系などのほか、行政評価の考え方に基づく各施策の目標値なども掲載しています。

尾張旭市第五次総合計画

尾張旭市第五次総合計画(計画期間:平成26~35年度)は、以下から閲覧できます。

本編(別ページに移動します。)

尾張旭市第五次総合計画の「実施計画」は、向こう3年間を計画期間として、毎年策定します。

行政評価の考え方に基づく、各施策の目標値などは、以下の「施策-基本事業設定シート」を基に検討しました。

第五次総合計画の閲覧・購入

計画書は、以下の場所でも閲覧することができますので、ご利用ください。

  • 市役所1階市政資料コーナー
  • 市立図書館
  • スカイワードあさひ
  • 東部市民センター
  • 渋川福祉センター
  • 新池交流館・ふらっと
  • 中央公民館及び地区公民館

計画書は、市役所企画課で本編2,700円で購入可能です。

行政評価について

尾張旭市では、「行政評価」の考え方を導入し、限られた行政資源の有効活用するとともに、市民に分かりやすい行財政運営を推進しています。

尾張旭市総合計画に関する条例

総合計画の定義や構成、位置付けなどの、総合計画の策定等に関する必要な事項を定めた「尾張旭市総合計画に関する条例」を、平成24年12月28日に公布しました。

尾張旭市総合計画に関する条例(PDF:77KB)

総合計画策定の取り組み

過去の計画

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部企画課企画係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8104