ホーム > 市政情報 > 健康都市 > 熱中症にご注意ください!

ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

熱中症にご注意ください!

連日気温が高い日が続き、熱中症の危険性が高まっています。水分、塩分をこまめに補給し、日射しを避ける対策をとってください。

ポイント

  • 室内温度28度以下、湿度50~60%を保つ
  • こまめに水分補給
  • 通気性の良い服装、日よけ対策
  • 無理せず、適度に休憩あさぴーすがすがしい

熱中症を予防しよう

熱中症は、いつでもどこでもだれでも条件次第でかかる危険性がありますが、正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。正しい知識を身につけて熱中症を予防しましょう。また、熱中症はめまいや立ちくらみなどの軽い症状から意識がなくなったり、痙攣が起こったりする重い症状まであります。高齢の方、お子さんは特に注意が必要です。

暑さを避ける

室内では・・・

  • 扇風機やエアコンで温度を調節
  • 遮光カーテン、すだれ、打ち水を
  • 室温をこまめに確認
  • WBGT値も参考に

※WBGT値:気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数

外出時には・・・

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休息
  • 天気の良い日はできるだけ控える

からだの蓄熱を避けるために

  • 通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

熱中症が疑われる人を見かけたら

意識がおかしい又は自分で水分が取れない時は、ためらわずに119番救急車を呼んでください!呼びかけ

「熱中症ゼロへ」プロジェクト

「熱中症ゼロへ」とは熱中症にかかる方を減らし、亡くなってしまう方をゼロにすることを目指して一般財団法人日本気象協会が推進するプロジェクトです。

詳細については、「熱中症ゼロへ」公式HPをご覧ください。

また、日本気象協会が提供する「倒れるかも予測」では、過去の気象データと救急搬送人員の情報に基づいて、熱中症の症状が重くなる可能性がある人が多いか少ないかを予測しています。

日々の熱中症になる危険度を「倒れるかも予測」公式HPでご確認ください。

紫外線指数について

人が太陽の紫外線を長時間浴びると、皮膚や目、免疫系に影響を与え、健康被害を及ぼす可能性があります。

熱中症と同様に紫外線にも関心をもち、対策することが重要です。

熱中症についての情報はこちら

お問い合わせ

企画部秘書課健康都市推進室

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8101