ホーム > 市政情報 > 広報 > 広報誌 > 「広報おわりあさひ」の歴史

ここから本文です。

更新日:2017年5月9日

「広報おわりあさひ」の歴史

昭和30年10月1日号

公(広)報あさひ創刊(タブロイド版、10段組み活版印刷で毎月1回発行)

昭和38年11月1日号

100号

昭和43年7月15日号

月2回発行開始

昭和44年1月1日号

タブロイド版からB5版に変更、同時に題字も改める(6段組みで4~6ページ)

昭和45年8月1日号

200号

昭和45年12月1日号

尾張旭市となる(市制施行特集号を発行)

昭和48年6月1日号

活版印刷を写植に変更、同時に6段組みを5段組みにする

昭和49年10月1日号

300号

昭和51年1月1日号

紫色1色刷り(初めて)

昭和51年11月15日号

表紙の「炎」に赤色を使用

昭和52年1月1日号

正月号に限り表紙カラー、2色刷りを始める

昭和53年12月1日号

400号

昭和54年1月1日号

題字を「広報尾張あさひ」に変更

昭和57年10月1日号

活字の大型化を実施

昭和58年2月1日号

500号(8~10ページ)

昭和58年4月1日号

グリーン色を使った2色刷り

平成2年4月1日号

1日号グリーン、15日号ピンクの2色刷り始める

平成6年4月1日号

B5版からA4版に変更

平成6年4月15日号

ピンクからオレンジに変える

平成10年4月1日号

1日号ブルー、15日号ピンクに変更

平成12年12月1日号

市制30周年記念号を発行

平成14年1月1日号

題字を変更。「市政と市民をつなぐふれあい情報誌」をサブタイトルに

平成14年5月15日号

活字の大型化を実施と同時に1日号グリーン、15日号オレンジに変更

平成15年12月1日号

1000号

平成17年12月1日号 市政35周年記念号を発行

平成18年5月15日号

全面リニューアル(1)横書き右開きに変更(2)題字を「広報おわりあさひ」とし、愛称を「あさひ」とした(3)15日号をオールカラーに変更(4)1日号のペースカラーを四半期ごとにグリーン、ブルー、オレンジ、ピンクで展開

平成19年4月1日号

活字の大型化を実施

平成22年12月1日号 市政40周年記念号を発行
平成24年5月15日号 ユニバーサルフォントを導入
平成29年5月15日号 ARを導入

お問い合わせ

企画部情報課広報係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8106