ホーム > 市政情報 > 広聴 > ヨッシーの現場訪問 > 平成25年度訪問状況

ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

平成25年度訪問状況

いきいきサロン北本地(ふれあいの会)

  • 訪問日いきいきサロン北本地
    平成26年1月24日
  • 応対者
    会長
  • 活動内容
    地域において、身体的・精神的に虚弱な高齢者等の閉じこもりの防止や生きがい、仲間づくり、地域社会との交流を図っている。
  • 市長コメント
    月に2回実施されている、ミニデイサービスのサロンの現場を訪問させていただきました。参加者の中には、もうすぐ数えで100歳の方もおられるとのことでしたが、皆さん驚くほどお元気で、この日はカレンダー作りしておられました。皆さんそれぞれ個性豊かに、描いてある絵に色を塗っておられました。その作業もとても丁寧にされており、時には周りの方と談笑しながら楽しそうに手を動かしておられる様子を伺うことができました。また、スタッフの皆さんによる手作りの昼食が大変好評とのことで、この日もたくさんのメニューを手分けして作っておられ、とても美味しそうな匂いがしていました。この昼食を含め、サロンがとても楽しみだという人ばかりとのことで、皆さんの生きがいづくりや健康づくりに大きく寄与していただいていることを感じました。
    他のミニデイサービスのサロンと同様に、こちらでもスタッフの高齢化・担い手不足、そして男性が参加者にいないことが悩みの種とのお話もお伺いしました。今後とも、地域に根ざした福祉活動を長く続けていただきたいと感じました。

楽田RAKUDA平子事業所(放課後等デイサービス)

  • 訪問日楽田平子
    平成26年1月22日
  • 応対者
    代表理事
  • 活動内容
    学校授業終了後や休業日に、障がい児を対象に、生活能力の向上のために必要な訓練や社会との交流の促進を図っている。
  • 市長コメント
    日中一時支援事業と放課後等デイサービス事業を実施されている平子事業所では、この日、放課後等デイサービスの現場を訪問させていただきました。
    こちらでは、さまざまな種類、程度の障がいのある小学生から18歳までのお子さんを、学校などが終わった後に預かっておられます。もともとスーパーであった建物を改修し、一部運動ができる外遊びのスペースも確保されている施設では、学校が終わって次々と集まったお子さんたちが、思い思いに遊んだりおやつを食べたりしている様子を見せていただきました。こちらでも、いろいろと配慮が必要なお子さんがいるため、多くのスタッフがあちこち気を配りながら、時には走り回りながら運営しておられる様子も伺えました。また、送迎も実施されていますが、ここで預かる多くのお子さんが通う春日台養護学校(春日井市)まで、複数の自動車で迎えに行っておられ、こちらでも送迎の負担が大きいとおっしゃっておられました。
    両方の施設の現場を訪問させていただいて、まず感じたことは、こうした施設を市内で運営していただいていており、本当にありがたいということです。そして、保育園、ピンポンパン教室、小中学校や市の関係機関とこうした施設との連携が整ってきており、今後もその連携を強くしていく必要性を感じました。

楽田RAKUDA旭ケ丘事業所(児童発達支援センター)

  • 訪問日楽田旭ケ丘
    平成26年1月22日
  • 応対者
    代表理事
  • 活動内容
    障がい児(未就学児)に、日常生活や集団生活に適応できるよう、支援している。
  • 市長コメント
    児童発達支援センターの現場を訪問させていただきました。さまざまな種類、程度の障がいのある未就学のお子さんを預かっておられ、大きい子と小さい子の2つのクラスで運営しておられました。
    まず驚いたのはスタッフの手厚い配置状況で、基準が4対1のところを、2対1をかなり上回るスタッフで運営しておられました。いろいろと配慮が必要なお子さんがおられる中、こうした手厚い体制は保護者の安心感に繋がると感じましたが、一方で経営の厳しさが切り離せない問題だとも感じました。また、送迎もしっかりされていますが、少し遠いところのお子さん預かっておられ、送迎に時間と人手がかかることが悩みであるとのお話も伺いました。
    「預かってもらえない子どもがなくなるように」という理念のもと、企業組合という形で情熱を持って施設を運営されている実態がよく分かりました。一方で、資金やスタッフの確保の関係ではご苦労が多い様子も伺えました。とても静かな環境の中の新しい施設であり、素晴らしいスタッフのもと、子どもたちがいつまでも安心して通える施設であっていただきたいと感じました。

いきいきサロンほんじ(こすもす)

  • 訪問日いきいきサロンほんじ
    平成25年12月18日
  • 応対者
    会長
  • 活動内容
    地域において、身体的・精神的に虚弱な高齢者等の閉じこもりの防止や生きがい、仲間づくり、地域社会との交流を図っている。
  • 市長コメント
    地域の集会所で開催されているサロンの現場を訪問させていただきました。
    ちょうどクリスマス会の日でしたので、集会所の中がクリスマスモードにきれいに飾り付けされていました。
    利用者さんとスタッフが全員サンタ帽子を被ってムードが盛り上がる中、キャンドルに火を灯して、元気に生活ができていることに対して感謝のお祈りをした後、歌を歌ったり、ゲームに興じたりしました。90歳代の方も何人かおられるとのことでしたが、皆さん驚くほど大きな声で歌われたり、ゲームでも大いに盛り上がるなど、とてもお元気な様子が伺えました。また、あちこちで話に花が咲いており、利用者さんもスタッフもとても仲が良いのがよく伝わってきました。
    地域の集会施設が、こうして地域の方の憩いの場として使っていただいていることは大変ありがたいことですし、今後もぜひ、こうした地域に根付いた活動を続けていただきたいと思いました。

つむぎの会

  • 訪問日つむぎの会
    平成25年11月20日
  • 応対者
    会長
  • 活動内容
    地域において、身体的・精神的に虚弱な高齢者等の閉じこもりの防止や生きがい、仲間づくり、地域社会との交流を図っている。
  • 市長コメント
    月に2回実施されている、ミニデイサービスのサロンの現場を訪問させていただきました。スタッフの皆さんが食事を台所で作っておられる内に、利用者の皆さんは「くるみ絵」の制作をされま馬の色紙した。このサロンの活動も13年目ということで、毎年実施している「くるみ絵」作りも、えとが一巡したとのことでした。皆さん、それぞれに手伝いあいながら、和気あいあいと楽しそうに、それでいて真剣に作品作りに取り組んでおられました。
    利用者さんと同じくらいの数のスタッフの皆さんが、手際よく分担して活動しておられる姿がとても印象的でした。今後とも、地域に根ざした福祉活動を長く続けていただきたいと感じました。

いきいきサロン吉岡(あじさい)

  • 訪問日あじさいサロン
    平成25年11月14日
  • 応対者
    会長
  • 活動内容
    地域において、身体的・精神的に虚弱な高齢者等の閉じこもりの防止や生きがい、仲間づくり、地域社会との交流を図っている。
  • 市長コメント
    月に2回実施されている、ミニデイサービスのサロンの現場を訪問させていただきました。参加者の中には、大正生まれの方もおられるとのことでしたが、皆さん驚くほどお元気で、歌や手遊び、作品作りを楽しそうに、また上手にされている様子を伺うことができました。サロンがとても楽しい、もっとサロンを開いて欲しい、という声が多いとのことで、皆さんが仲良く、生きがいづくりや健康づくりに大きく寄与していただいていることを感じました。
    今年で10周年を迎えられるあじさいさんの活動ですが、スタッフの高齢化・担い手不足が悩みの種とのお話もお伺いしました。今後とも、地域に根ざした福祉活動を長く続けていただきたいと感じました。

あづま会

  • 訪問日あづま会
    平成25年11月6日
  • 応対者
    会長
  • 活動内容
    高齢者世帯への昼食の宅配、子ども会との交流、自治会行事への参加など、子どもやお年寄りにやさしいふれあいあるまちづくりの担い手を目指して活動を行っている。
  • 市長コメント
    ボランティアで宅配弁当を作られている現場を訪問させていただきました。年に3回、町内の70歳以上の方に、すべて手作りで弁当を作り、配達していただいています。集会所の台所が手狭なため、ご近所の会員の家の台所までお借りして作っておられたり、個人情報保護の観点から元となる名簿が無く、個々に対象者を探しておられたり、とご苦労されている点についてもお話をお伺いしてきました。
    活動は皆さん和気あいあいと楽しそうにやっておられ、地域コミュニティの活性化に一役買っている様子も伺うことができました。なかなか次の担い手が増えていかない、という悩みもあるとのことでしたが、いつまでも健康で地域の方仲良く活動を続けていただきたいと感じました。

 

お問い合わせ

企画部秘書課秘書係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8100