ホーム > 市政情報 > 契約情報 > 尾張旭市建設工事業者格付要領の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2020年9月30日

尾張旭市建設工事業者格付要領の一部改正について

一部改正の趣旨

(平成29年9月1日から施行)

  • 格付に係る主観的審査事項の「尾張旭市発注工事における完成工事高」において、過去3年間の平均年間完成工事高が1億円以上となる場合の点数を追加しました。

(平成30年4月1日から施行)

  • 平成30・31年度の入札参加資格審査申請に向けて等級区分の見直しを行います。
  • 工事成績不良業者に対する対策を強化します。(平成29年4月1日以後に完成した市発注工事から適用しています。)

土木一式工事の格付基準を変更

変更前(現行)

業種 等級区分 総合点数
土木一式 B等級 700点以上1,100点未満
土木一式 C等級 500点以上700点未満

 

変更後(平成30年4月以降)

業種 等級区分 総合点数
土木一式 B等級 800点以上1,100点未満
土木一式 C等級 500点以上800点未満

 

工事成績不良業者への対策強化

平成29年4月1日以後の工事成績評定及び完成工事高から適用しています。

⑴工事成績評定による加減点

《変更前》

(過去2年間の工事成績評定点の平均点-65点)×6を加減点

《変更後》

1.過去2年間の工事成績評定点の平均点が60点未満となる場合

(過去2年間の工事成績評定点の平均点-65点)×10

ただし、過去2年間の工事成績評定対象件数が2件以下のときは×6で計算

2.過去2年間で80点以上の成績を上げた建設業者は、一律10点を加点

⑵市発注工事の完成工事高

《変更前》

市発注工事の過去3年間の平均年間完成工事高で加点(0点~80点)

《変更後》

加点対象となる完成工事高から、工事成績評定点が60点未満のものを除く。

 

一部改正後の要領

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課検査室

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8116