ホーム > 市政情報 > 選挙 > 第25回参議院議員通常選挙のご案内

ここから本文です。

更新日:2019年7月17日

第25回参議院議員通常選挙のご案内

伝えようなたの意志を票で

721日(曜日)は、第25回参議院議員通常選挙投票日です。

あなたの大切な一票です。ぜひ投票へお出かけください。

 

平成30年の公職選挙法の改正により、参議院選挙区選挙における較差の縮小(埼玉県選挙区の定数の増加)、比例代表選挙における定数の増加と特定枠制度(PDF:704KB)の導入といった制度改正が行われています。

 

愛知県及び総務省の特設サイトも是非ご覧ください。

あさぴー

 

投票日・投票時間・投票所

  • 令和元年721日(曜日)
  • 午前7時から午後8時まで
  • 投票所一覧(投票所の場所を確認してお出かけください。)

投票できるかた

平成13年7月22日以前に生まれた日本国民で、平成31年4月3日以前に本市に転入の届け出をし、引き続き市内に住んでいるかたが、投票できます。

また、転出されたかたでも、本市で投票できる場合がありますので、お問い合わせください。

  • 令和元年6月28日以降に市内で住所を移されたかたは、投票日当日は、前住所地の投票区での投票となります。

選挙のお知らせ(投票所入場券)について

  • 「選挙のお知らせ」は、7月5日(金曜日)ごろまでに郵送でお届けします。
  • 投票日当日は、「選挙のお知らせ」を持って記載されている投票所へお越しください。
  • 「選挙のお知らせ」を紛失した場合や忘れてしまった場合でも投票できますので、投票所の係員にお声かけください。

投票所に入ることができる子どもの範囲が拡大されました

平成28年の公職選挙法の一部改正により、投票所内に入ることができる子どもの範囲が18歳未満に拡大されました。

子どもを投票所に連れて行くことにより、家庭で選挙や投票に関することが話題になるなど将来の有権者への有効な選挙啓発につながるものと考えられ、投票所に入ることができる子どもの範囲が拡大されたものです。

また、平成28年10月に総務省が行った「18歳選挙権に関する意識調査」では、子どもの頃に、親と一緒に選挙に行った経験のある人のほうが、投票した割合が20ポイント以上高いとの結果もあります。

ただし、子どもと一緒に投票所内に入ることにより混雑、けん騒等が生じ投票所の秩序が保持できなくなるおそれがあると投票管理者が判断した場合は、投票所に入ることをお断りすることがあります。

期日前投票

投票は、選挙当日に投票所で行うのが原則ですが、一定の理由がある場合には期日前投票をすることができます。

日時

75日(金曜日)から720日(土曜日)まで

午前830分から午後8時まで(土曜日・日曜日・祝日も同じ時間です。)

場所 尾張旭市役所1階ロビー

 

  • 詳しくは、こちら(期日前投票)をご覧ください。
  • 投票日に満18歳となるかたが、満18歳となる前に投票を行う場合は、不在者投票となります。

不在者投票

  • 尾張旭市の選挙人名簿に登録されているかたが、他の市町村に滞在しており、尾張旭市の投票所へ来られない場合は不在者投票をすることができます。
  • 県選挙管理委員会が指定する病院、老人ホームなどに入院・入所しているかたは、施設内で投票をすることができます。
  • 身体障がい者手帳または戦傷病者手帳の交付を受けており一定の障がいのかたおよび介護保険被保険者証の要介護状態区分が要介護5と記載されているかたは、郵便により投票ができます。
  • 選挙期日には、18歳を迎え選挙権を有することになるが、選挙期日前において投票を行おうとする日には未だ17歳であり選挙権を有していないかたは、不在者投票ができます。

詳しくは、こちら(不在者投票)をご覧ください。

候補者・名簿届出政党等情報

候補者・名簿届出政党等

選挙公報

7月17日(水曜日)ごろまでに各世帯に配布いたします。

開票

日時:令和元年7月21日(日曜日)午後9時から

場所:尾張旭市総合体育館2階競技場(アリーナ)

啓発チラシ

今回の選挙啓発用にチラシを作成し、7月1日号広報と一緒に全戸配布します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会  

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8111