ホーム > 市政情報 > 選挙 > 不在者投票

ここから本文です。

更新日:2017年10月4日

不在者投票

次の場合は、不在者投票ができます。


●尾張旭市の選挙人名簿に登録されているかたが、他の市区町村に滞在しており、尾張旭市の投票所へ来られない場合

不在者投票をするには

1.投票用紙等の請求方法・・・「宣誓書」(PDF:161KB)に必要事項を記入し、直接又は郵送(eメールは不可)で尾張旭市選挙管理委員会へ請求してください。
宣誓書の記入方法(PDF:198KB)

投票用紙は、公示日(10月10日(火曜日))より前でも請求することができます。

2.尾張旭市選挙管理委員会から、滞在地へ投票用紙等が郵送されたら、滞在地の市区町村の選挙管理委員会へそのまま持参し、選挙期日の前日までに不在者投票を行ってください。

自宅で投票用紙に記入したり、不在者投票証明書の封筒を自分で開封すると投票できなくなります。
※投票を終えると投票用紙は、滞在先の選挙管理委員会から尾張旭市へ郵送されます。郵送日数がかかりますので、お早めに投票してください。
※不在者投票ができる時間は、滞在地の市区町村の選挙管理委員会によって異なることがあります。必ず滞在地の選挙管理委員会にお問い合わせの上お出かけください。

 

<以下に該当する場合は、別の手続での不在者投票になりますので、尾張旭市選挙管理委員会にお問い合わせください。>
●指定病院等に入院・入所されている場合
※不在者投票の指定施設等用の請求書については、こちら「不在者投票用紙等請求書(PDF:89KB)」を御覧ください。
●郵便等による不在者投票
●船員の洋上投票
●投票日当日には満18歳になるが、期日前投票を行う日は17歳のかた

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会  

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8111