ホーム > 市政情報 > 選挙

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

選挙

お知らせ 

市議会議員選挙における選挙運動用ビラの頒布解禁について

市議会議員の選挙運動でビラが頒布できるようになりました。

公職選挙法の改正に伴い、平成31年3月1日以後その期日を告示される市の議会の議員の選挙から、候補者が選挙運動用ビラを頒布することができ、また条例に定めるところにより、ビラ作成について無料とすることができるものとされました。

本市では、立候補しやすい環境を整えることを目的に、尾張旭市の長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の一部を改正し、市の議会の議員の選挙における選挙運動用ビラの作成を公営(公費負担)の対象とすることとしました。

施行日及び公費負担額

  • 施行日

    平成31年3月1日
  • 公費負担額

7円51銭/枚を上限とする(7円51銭×4,000枚=30,040円)

尾張旭市議会議員の選挙運動用で頒布できるビラの概要

  • 頒布できるビラの種類・枚数

選挙管理委員会に届け出た2種類以内で4,000枚を上限。

  • 規格

長さ29.7cm×幅21.0cmを超えてはならない。

  • 記載内容

ビラの表面に頒布責任者及び印刷者の氏名(法人にあっては名称)及び住所を記載しなければならない。

  • 証紙

選挙管理委員会が交付する選挙運動用ビラの証紙を貼らなければならない。

  • 頒布方法

新聞折込み、候補者の選挙事務所内、個人演説会の会場内、街頭演説の場所において頒布できる。

衆議院小選挙区の区割りの改定等について

衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律の一部を改正する法律(区割り改定法)が平成25年6月28日に公布、施行され、そのうち公職選挙法の改正規定が平成25年7月28日から施行されました。

詳しくは衆議院小選挙区の区割りの改定等ついて総務省ホームページを御覧ください。

インターネットによる選挙運動が解禁されました

平成25年4月26日に公職選挙法の一部を改正する法律が公布され、5月26日からインターネットによる選挙運動が解禁されることとなりました。

詳しくはインターネット選挙運動解禁に関する総務省ホームページを御覧ください。

ご利用ください~郵便等による不在者投票制度

身体障害者手帳や戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証をお持ちで、制度の対象になる方は自宅等で不在者投票ができます。

明るい選挙キャラクター選挙のめいすいくん


海外に居住される方へ~在外選挙制度

外国にいても「在外選挙制度」で日本の国政選挙の投票ができます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

選挙管理委員会  

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8111