ホーム > 市政情報 > 職員 > 尾張旭市職員採用試験(一般募集) > 先輩職員からのメッセージ

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

先輩職員からのメッセージ

尾張旭市職員として活躍している先輩からのメッセージです。

行政経営課《事務職》

jimu2

市役所に入庁して、最初は市議会に関する事務を、その後は介護保険の業務や企画部門を担当し、現在は、行政経営課の法務文書係長として、市役所の業務の基本となる文書事務に携わっています。

この間、私生活では二人の子どもに恵まれ、毎日慌ただしい日々ではありますが、育児・部分休業の制度を利用し、また、上司や同僚の協力をいただきながら仕事と育児の両立を図ることができています。

市役所の業務は多岐にわたり、大変な面もありますが、市民生活に直結した仕事であり、責任と使命感を持って取り組める仕事だと思います。

たちと一緒に「よりよい尾張旭市」のために働きましょう。

全国植樹祭推進室《事務職》

zimusyokuju

皆さんは、2019年に愛知県森林公園で開催される「第70回全国植樹祭」のことを知っていますか?

全国植樹祭は、森林や緑に対する理解を深めるため、国土緑化推進機構と都道府県の共催により、毎年春季に開催される行事です。天皇皇后両陛下の御臨席を賜り、県内外から多くのかたが参加されます。

私は、全国植樹祭推進室の係長としてこの行事の業務に携わっています。

全国植樹祭を通して、さらに良いまちになったと実感していただけるよう、市民の皆さんと力を合わせて開催し、達成感を共有したいと思います。

あなたも尾張旭市の職員になって、全国植樹祭に関わってみませんか。

都市整備課《土木技師》

doboku

入庁して最初に上水道課で配水施設等に関する業務に携わり、現在は都市整備課で、主に土地区画整理事業や新設道路の設計、積算、監督を行っています。

道路をつくる際は、基準をもとに、その土地に合わせてどう整備するのか考え、根拠を固めて進めていかなければなりません。

技師として、考えたものが実際に形になり、市民の方に実際に使っていただけている光景を見ると、大きなやりがいを感じます。

まちづくりの基盤である土木業務を通して、これからの住みよい尾張旭市を一緒につくっていきましょう。

教育行政課《建築技師》

kentikukyouiku

入庁して最初は都市計画課に配属され、地区計画の適合審査、建築確認申請の受理などの業務に携わりました。

その後、教育行政課に異動となり、小中学校の施設整備を主に、施設の修繕・工事の設計、積算、監督に携わっています。

文化会館、中央公民館、図書館の利用者が、笑顔で快適に施設を利用できること、また、小中学校に通う児童・生徒が安全・安心に施設を利用できることを第一に考え、日々の業務に励んでいます。小中学校で児童・生徒の笑顔を見るたびにとてもやりがいを感じます。

私たちと一緒に、「住みよいまち尾張旭」を作っていきましょう!

消防署《消防職》

shoubou

私たちは、日頃から出動に備え、訓練を繰り返し行っています。訓練を重ねることにより、隊としての連携が深まり、出動した時の円滑な現場活動に繋がります。毎年、「消防救助技術大会」が開催されていますが、地道な訓練の積み重ねにより、一昨年度、「はしご登はん」の部で全国大会に出場することができました。

消防の仕事には、人の生命と財産に携わる責任感や、訓練や体力錬成での辛さがあります。しかし、傷病者の方から感謝の言葉をいただいたとき、厳しい訓練や体力錬成を仲間と乗り越えたときには、凄くやりがいと達成感を感じることができます。

消防士志望のみなさん、『消防士になるんだ』という熱い気持ちを持ち、私たちと市民の生命と財産を守るため、ともに頑張りましょう!

平成27年度採用《保育士》

hoiku1

幼少期から夢見ていた保育士になり、可愛い子どもたち、保護者、温かく見守ってくれる同僚の先生方に囲まれ、毎日楽しく保育をしています。

保育士は、子どもの成長を間近で見ることのできる素敵な仕事です。ハイハイしていた子が歩いたり走ったりできるようになったり、言葉が出なかった子が「せんせい」と呼んでくれたりと、一緒に生活するなかでたくさんの成長を見ることができました。

子どもたちの楽しい笑顔を見たい一心で「子どもたちと何をして遊ぼうかな?」と考え、自分自身もわくわくしています。

子どもたちから学ぶこともたくさんあります。一緒に成長しながら楽しく保育していきましょう。

平成25年度採用《保育士》

hoiku2

尾張旭の保育士になって、毎日子どもの笑顔に癒されながら働いています。日々の保育では大変なこともありますが、1歳児の子どもが初めて「せんせい!」と呼んでくれた時の喜びや、3歳児がずっと頑張っていた鉄棒や登り棒がやっと出来た時の感動はひとしおです。

職員の仲がとてもよく、会議や話し合いで自分の意見が言いやすい雰囲気です。分からないことや困った時は先輩保育士が分かりやすく教えて下さり、たくさん助けてもらいました。そんな環境の中で働けてとても恵まれていると感じています。一緒に働けることを楽しみにしています。

平成27年度採用《保育士》

hoiku3

保育士を目指すみなさん、こんにちは。

尾張旭市の保育園に採用されて3年目の今年は、3歳児の担任になって保育をしています。

子どもたちと面白いことや不思議なことを探したり、一緒に遊びを考えたりと楽しい毎日です。

子どものことが大好き!子どもと遊ぶのって面白い!そんな風に思える方、ぜひ一緒に働きましょう。

平成25年度採用《保育士》

hoiku4

尾張旭市の保育園は100名前後が定員の園がほとんどで、とてもアットホームな雰囲気で保育をしています。

自分の受け持つクラスだけではなく、保育園の子ども全員の顔や名前を覚えられ、一人ひとりの成長を保育士みんなで見守ることができ、やりがいを感じることができます。

お問い合わせ

企画部人事課人事研修係

尾張旭市東大道町原田2600-1

電話番号:0561-76-8102